初心者が選ぶべきゴルフクラブとスイング

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

初心者が選ぶべきゴルフクラブとスイング

ゴルフ初心者はゴルフ雑誌を読むな

いろいろなプロゴルファーが、ゴルフスイングの部分的な事に対して、それぞれの感覚で、まとまりなく一方的に書かれているあの記事は、ゴルフ初心者が読めば読むほど混乱してしまうでしょう。

そんな物を読んで、それを真に受けてゴルフスイングを壊しても誰も責任は取ってくれません

ゴルフ雑誌に書いてあることはウソではないけれど、実際にそうなっているのかどうかは別です。ちょっとわかりにくいので、少し説明しましょう。

プロゴルファー自身でも、やろうと思っている事と、実際に自分がやっている事には差が発生しています。

例えば、雑誌に書いてある「ゴルフクラブのフェースターンはしない」という表現を真に受けて、ゴルフ初心者がそうやって打ったらスライスしかでないでしょう。フェースターンをしないでスライスを解消する術はありません。ゴルフクラブはそのように作られているのです。私はゴルフクラブの設計者でしたので断言します。フェースターンは絶対に必要な動きなのです。

プロゴルファーのように強い球を打とうとすると、フェースターンは勝手に強く入ってしまいます。人間の体はそうなっています。そこで、フェースターンをやり過ぎてしまうプロゴルファー達は、そのターンを「やめたい」という意識でゴルフスイングして、やっとちょうどよいフェースターン量に抑える事が出来るのです。

だからプロゴルファー達は「ゴルフクラブのフェースターンはしないで打つ」と言います。それをゴルフを知らない記者達がそのまま垂れ流すわけです。被害者は、それを真剣に受け取ったアマチュアゴルファー達です。

他にも事実と感覚の差は様々な場面で起こっています。

事実側から書かれた記事もあれば、感覚だけを書いた記事もあって、雑誌の中は実に混沌としています。ゴルフ初心者がその中に踏み込むのは、ゴルフの上達にとっては逆効果になるでしょう。そもそもプロゴルファーだからと言っても、素人に対して、ゴルフスイングを細かく理論的に説明できるツアープロはそれほど多くないでしょう。

彼らの多くは感覚、感性の領域でゴルフをしています。それは自分の中で完結している事であって、人に伝わるとは限らないのです。

プロ達も金銭が発生するビジネスですから、記者から質問されたことに対していろいろ答えますが。どれくらいの技量で、どんな課題を持ったゴルファーに対して語っているのか、全く見えてきません。そもそも、そのプロゴルファーの個人的な感覚を話しているだけの事が多いのです。

ゴルフ初心者に限らず、この記事を読まれているあなたは、プロゴルファー達のゴルフスイングの連続写真を見て、どこまでが自分で振っているところで、どこまでがゴルフクラブに振らされて勝手に動いているところか、しっかりイメージすることができるでしょうか?

ゴルフ雑誌は、そういうことがわかっている人が読んで、はじめて参考になる事が少しだけ書かれている程度のものです。

《NEXT》→『ゴルフが上達する初心者はこんな人

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME