初心者が選ぶべきゴルフクラブとスイング

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

初心者が選ぶべきゴルフクラブとスイング

上達するゴルフ初心者はこんな人

ゴルフとは、自己完結型の主体性のあるスポーツです。

ティーショットでドライバーを持ってもいいし、8番アイアンで刻んでいってもいい。その決断は自分自身が自由にできます。ゴルフは自分のやりたいようにやるスポーツなのです。

よく、ゴルフはゴルファーの人間性が出るといいます。理由は明確です。全部自分で決めて、自分でやりきらないと終わらないスポーツだからです。すべて自分だから、自分が出るのです。選択したすべてが、自分を映し出すのです。

サラリーマンなら、必ずどこかに縛りがあるでしょう。ストレスもたまるでしょう。でもゴルフなら、ゴルフスイングが始まった時に、動いているゴルフクラブを押さえに来る人は誰もいません。究極の自己実現スポーツなのです。

ですから、主体性がない人はゴルフで上達はあり得ません。暇さえあれば、ネットでゴルフのスイングについて情報収集をしている人は、一生そうやって過ごすゴルファーになるでしょう。

ゴルフクラブの数値的な事ばかり追いかけている人は、一生そうやって過ごすゴルファーになるでしょう。ドライバーを毎月買い換える人も、お金が続く限り、一生そうやって過ごすゴルファーになるでしょう。そういうものなのです。

ゴルフが上達したいのなら、何でも真に受けたり、色々な人の話を聞き過ぎるのはよくありません。

右に行ったり、左に行ったりしているうちに、そういう環境でないといられない、依存体質になります。ゴルフスイングについてでも、ゴルフクラブについてでも、他者と自分との間には、一定の距離感を持てるゴルファーが、間違いなく成功しています

私もお金を頂きながら、ゴルファーの方々に様々な情報を与える立場ですので、少々相反するような話ではあるのですが。何でも答えられる私と出会った事で、ここぞとばかりに日頃の疑問を、1から100まで数日間に渡って懇々と聞きたがるタイプのゴルファーというのが、一定の比率でいらっしゃいます。

しかし、その方に全てを教えたからと言って、その方のゴルフが上達する事に繋がらないという事実もあります。様々なタイプと事例を知っていますので、必要以上に情報を与える事はどうなのか?私も考える事があります。

ゴルフ初心者の方であっても、自分で答えを出して、しばらくそれを信じてやり続けてみる様な感覚を持って、ゴルフに取り組むといいと思います。

《END》

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME