ゴルフクラブ選び方の基本

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフクラブ選び方の基本

ゴルフクラブの重量

ゴルフクラブの重量とスイングの関係

当サイトをご覧になられているお客さまは、ご自分のゴルフクラブの重さを知っていますか?

すぐに答えられる人はほとんどいないでしょう。ゴルフクラブの重量がゴルフスイングにマッチしているかは大切なことです。

軽いゴルフクラブでスイングすると、上半身の力が強く腕を速く振ることができる人は、手が先行してしまいクラブヘッドが遅れてフェースが開いてしまうため、ヘッドスピードのアップどころか、プッシュアウトのスライスが出やすくなます。

また手先で操作しやすくなるため、十分に体を使ったゴルフスイングから腕中心の手打ちのゴルフスイングに変化してしまいます。これは要注意です。

重たいゴルフクラブを使っている人は、反対にヘッドスピードも遅くなり、振り負けてしまうのでダフリが多くなります。体への負担も大きいので、腰痛や手首の腱鞘炎などの原因にもなってしまいます。

どの重量がそのゴルファーにピッタリなのかは、その方の体格や筋肉量、ゴルフスイングによっても違ってきます。その方の現在のヘッドスピードからだけで、わかるものではありません。信頼できる人にフィッティングしてもらうのがいいでしょう。

一般的には、軽すぎるゴルフクラブを買わされているケースがほとんどだと思います。販売店が責任を取りたくないからです。軽いゴルフクラブを渡しておけば、買って少しの間はゴルフクラブが振りやすく感じて、ヘッドスピードも上がるからです。でも少しして、そのゴルフクラブに慣れた頃には、始めの軽快感はなくなり、どんどん体を使わずに、手先を使うようになって、悪い方に悪い方にはまっていくケースをたくさん見ています。

専門家にフィッティングをしてもらい、指示を受けるのが間違いのない解決策です。

シャフト重量の目安

例えばドライバーで言うと、グリップは一般的なものであれば50±3gで統一されています(軽量の40g前後のものもあります)。クラブヘッドの重さは190g~200g位です。

長尺ドライバーは、バランスや振りやすさを考えて190g前後です(45インチ前後のモデルは200g弱)。このように、この2つのパーツはパーツ内での重さの差が、あまりありません。

しかし、ウッドのシャフトは、タイプによって重さが大きく異なります。スチール製は80g~125gの範囲(80g以下は折れが発生しやすくほとんどありません)カーボン製は38g~100gの範囲で造られています。軽いものと重いものには約90gの重量差と、重さの選択肢が幅広くあります。

軽いものが一番いいわけではありません。ウッドシャフトはまず振ってみて振りやすく、自分のゴルフスイングが安定して何度でも再現できる重さのものを選びましょう。若い人や腕力、上半身の力に自信のある人は、少なくとも70g以上のシャフトをお勧めします。軽すぎると手元が走りすぎてゴルフスイングが安定しません。

体力的に自信のない人は50~60gのものが良いでしょう。但し、45インチ以上の長尺を考えている人は、長くなるほど軽いものを選ぶ必要があります。

アイアンシャフトもウッドと同じ重量で造られています。アイアンは使用頻度も高く、地面にあるボールを打つため、ある程度の重量も必要です。カーボンでも60g以上のものがお勧めです。

体力に自信のある人はスチール製をお勧めします。

普段運動量の少ない一般的な体力の日本人には、ライトスティールが合っている場合も多くありますが、除雪などで継続して体力を使う北国のゴルファーなどは、自分で考えている以上に体力があり、メーカーが想定している体力を、十分に超えてしまい、結果的に軽いゴルフクラブを持たされている場合も多く見受けられますので、専門家によるフィッティングなどで、自分の適正重量を把握することは、練習場へ通う以前に大切なことなのです。

13本のゴルフクラブの重量バランス

13本のゴルフクラブの重量バランス 写真1 キャディバッグの中のドライバーからサンドウエッジの、13本のマッチングはとても大切です。

ゴルフクラブ重量に統一感が無ければ、ゴルフスイングの再現性を高めることが難しくなり、スコアアップも望めません。

まずフェアウェイウッドは、ドライバーのシャフトより5~10g重めの、フェアウェイウッド専用シャフトがお勧めです。

ウッドはシャフトのしなり量が多く、難しいゴルフクラブです。シャフトの動きが異なれば、それに対応してゴルフスイングを動かさなくてはなりません。キックポイントやねじれなどのシャフト特性の統一は、ゴルフスイングの再現性を高めるためにも大切です。

また、アイアンシャフトはウッドシャフトより15~30g重いものを選ぶといいでしょう。

ウッドはアイアンと比較してクラブが長いため、ゴルフスイング中にゴルフクラブが円運動をすることで発生する遠心力が大きくなります。アイアンシャフトを重くすることで、この外的負荷を合わせることができます。

アイアンが良い時にはウッドが悪い、ウッドが良い時にはアイアンが悪い。こんな症状の人は、これに注意すると症状が改善する可能性が高くなります。

いずれにせよ。細かく精査するには専門のフィッティングを受けることを強く勧めます。ゴルフクラブの重量管理は、ラウンドの結果にも直結する非常に大切な要素のひとつです。

《NEXT》→『パターの選び方

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME