ゴルフクラブ選び方の基本

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフクラブ選び方の基本

アイアン選び方の基本

アイアンヘッドの種類

ここ数年、アイアンはフラットバック/キャビティー/ポケットキャビティー/中空構造/キャビティ&複合金属の5種類に集約されている状態です。これらのタイプはモデルごとに特徴があり、特性を理解して選はなければいけません。

フラットバック

フラットバック 写真1 フラットバックは、最も原始的で単純な構造です。

芯で捉えると抜群の打球感と、正確な飛距離が約束されますが、スイートエリアが狭く、重心が高いためボールが上がりにくく、しっかりダウンブローに打ち、芯にミートしなければ飛びません。

キャビティー

キャビティー 写真1 キャビティーは、フェースの裏側が凹んでいる構造です。

フラットバックと比較して、スイートエリアが格段に広くなり、比較的重心が低いためボールが上がりやすく、やさしいアイアンです。

機能的にはこれで十分と感じます。凹みが大きく深いヘッドほど、スイートエリアは広くなりますが、芯で打ったというような感触に乏しく、ぼけた印象のクラブになります。

ポケットキャビティー

ポケットキャビティー 写真1 キャビティーを進化させたのが、ポケットキャビティーです。

キャビティーのフェース面に飛ぶ素材をはめ込み、バックフェースのソール部に重量を配置した構造です。

キャビティーと比較して、スイートエリアに大きな差はありませんが、更に重心が下がっているため、とにかくボールが上がるアイアンになります。重量が下に偏りすぎている場合は、ラフにあるボールを打つときなどで、フェースの上側に当たったときに、不自然な飛び方で飛距離が出ないことがあります。

中空構造

中空構造 写真1 中空構造はデメリットのない構造で、最も確率良くボールをイメージするところへ運ぶことができるアイアンヘッドでしょう。

文句なくやさしいです。打球音が独特でかん高く、打球感が軽いのが唯一のデメリットでしょうが、使っているとすぐに慣れてしまうと思います。

キャビティ&複合金属

キャビティ&複合金属 写真1 低重心、高慣性モーメント、高打出し角でアイアンとしては究極的姿と言えるでしょう。

球はよく上がり、飛距離も出ます。ロフトも立ち気味の設定になっていますが、球が上がるので問題も起こらず、飛ぶという印象だ下が残るでしょう。

アイアンの飛距離にこだわりたい人にはピッタリだが、高価になってしまいます。

これらの特徴を理解して、自分に必要と思われるアイアンヘッドを選んでください。

アイアンヘッドの素材

アイアンに使用される素材は、軟らかい順に、純鉄/軟鉄/ソフトステンレス/クロモリ綱/高強度ステンレス/ハイテンションスティール、が主に素材として使われています。

純鉄からソフトステンレスまでは角度調整が可能です。それ以外は、調整できないと考えてください。素材により打球感にも差はありますが、弾きの良い素材ほど、かん高い音がします。素材による飛距離差は、それほど大きくありません。

アイアンは方向性を大切に考えていただきたいので、ライ角調整ができる素材を選んでいただくことをお勧め致します。SGAゴルフレッスンスタジオでご購入いただいたアイアンは、永久にライ角調整無料です。ゴルファーの成長、ゴルフスイングの変化に伴って、最適なライ角フィッティングと調整を行います。

アイアンのネックとヒールの関係

アイアンのネックとヒールの関係 写真1 アイアンのネックとヒールの関係 写真1 アイアンのネックの長さはボールのつかまりや、回転・打ち出し角度などにとても影響があります。

インパクトの時には、瞬間的に約1トンの力がクラブヘッドにかかると言われています。そのエネルギーはクラブヘッドとシャフトの接合部に集中し、ボールの方向性に大きな影響を与えています。インパクトポイントと接合部の距離が短いショートネックのアイアンほど、影響は大きいと考えられています。

具体的には(以下表組)

ネック短い/ヒール短い《アイアン》

つかまり 良い
回転 フック
打ち出し角度 高い
左右のバラツキ 多い

ネック長い/ヒール長い《アイアン》

つかまり 悪い
回転 スライス
打ち出し角度 低い
左右のバラツキ 少ない

これらの特性から、ヘッドスピードが速い人ほど、アイアンはネックの長いヘッドを選択することをお勧めします。

また、アイアンヘッドのヒールの高さが短いモデルは、要注意です。具体的な理由は説明できないのですが、巻き球が出る傾向がハッキリ出ています

こういうモデルは、ライ角をいくらひねっても球が巻くので治りません。構造的な問題から、インパクトの衝撃でフェースが変形し、変形したことがギア効果となって巻き球になっている可能性があると考えています。非力な女性ならいいとは思いますが、この構造は引っかかります。

こういう構造をわざとさせているとするならば、スライス救済の手段としてのものでしょうが、いいゴルフスイングはできなくなりますのでご注意が必要です。

《NEXT》→『ウェッジヘッド選び方の基本

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME