ゴルフシューズの選び方

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフシューズの選び方

ゴルフシューズスパイクの秘密

お客様から「突然フックしか出なくなって困っている」というご相談を受ける事があります。そんな時、私は決まって「ゴルフシューズを新調したか?」を確認するのですが、新調して、おろしたてで使っていたお客様が多こと多いこと。

これは意外に思われるかもしれませんが。私はゴルフシューズのスパイクが利きすぎる事は、ゴルフスイングにとって良くない事だと考えています。地面に対して足が適当に動く事は大切だと考えているからです。スパイクが利きすぎるシューズを履いて、ゴルフスイングすると、普段より下半身の力が上半身に多く伝わり、上半身の動きの方が勝ってしましって、まるで下半身を停めてゴルフスイングした時の様に、猛烈に引っかかるフックがでる傾向が多い様です。

そういう場合は、ゴルフシューズのスパイクの爪を、爪切りなどで短く切り落とす事をお勧めしています。

ゴルフシューズ裏側 写真1
↑ソフトスパイクの爪も時として…

また、芝に足が引っ掛かり過ぎると、体の固い方は、体の動きが制約され過ぎて動きが小さくなります。特に股関節周りが固い方などが、スパイクの利きすぎているゴルフシューズを履く事はお勧め出来ません。「高齢者はスパイクレスが良い」という話を聞いた事がある方もいらっしゃると思いますが、理由はこういうところにあります。

あと練習には、古くなったゴルフシューズのソフトスパイクを外して使う事をお勧めします。たまにスニーカーなどで練習をされている方がいらっしゃいますが、ゴルフシューズと一般のシューズでは、横方向の強度が全然違います。体を安定させるためにもゴルフ要のシューズを使いたいものです。その際にスパイクが付いていると、必要以上のグリップによる弊害もありますし、人工芝だとスパイクが地面に沈まずに体が浮きますので、アドレスの感じも若干変わってしまいます。

昔はメタルスパイクでしたので、スパイクは利けば利くほど良いと考える方も多いかもしれません。傾斜地や雨天の時に、足が滑ってゴルフスイング出来ない状態では困りますが、一方でスパイクの実害というのも考える必要があります。

《NEXT》→『ゴルフシューズ選び方の基本

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME