ゴルフシューズの選び方

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフシューズの選び方

オーダーメイドゴルフシューズの実態

オーダーメードゴルフシューズと聞くと、本当に自分にピッタリ合うシューズが作れる様に聞こえますが、あなたが選ぼうとしているオーダー先は大丈夫でしょうか?

私は様々なゴルフシューズを履いてきました。特に足の形が大きく変形している訳では無いのですが、体重がある分、半端な靴ではゴルフのスコアに直結してしまうのです。当然、ゴルフシューズもいくつもオーダーしてみました。その靴を使って色々な状況でゴルフもしてきました。

靴屋の立場でなくゴルファーの立場から、そして長年の経験に基づいてオーダーメードのゴルフシューズについて、私の意見を語らせて頂きますと、オーダーメードのゴルフシューズというものは、ものすごく難しいものであるというのが私の結論です。具体的には、費用対効果が合いづらい商品だというのが率直な感想です。

例えば、ユーザー本人の足をレーザー計測して、ユーザー専用の木型を作って、ゼロベースで作り上げるフルオーダーメードのゴルフシューズであれば期待が持てるのですが。価格も高価で、3万円、4万円というレベルではありません。そこでランクを落として、木型が何十種類かあって、その中から適度な納めどころを決めて作られる様な、いわばセミオーダーメードのゴルフシューズを…と考えるわけです。そういう商品は意味がないとまでは言えませんが、それにかかる費用もけして安くはない割に、得られる効果は薄いと思っています。つまりオーダーメードのゴルフシューズは、半端では意味が無いと、私は考えています。

それなら、革質が良く、靴幅のサイズバリエーションが豊富な一部の既製品を選んだ方が、費用対効果が高い事が私自身実感できています。その経験をもとに、実際に数多くのお客様に靴をフィッティングさせて頂き、そのフィードバックを受けてきた経験からも、この方法が最も良いと思っています。

もちろん、セミオーダーのゴルフシューズであっても、メーカーの木型と自分の足が偶然にもピッタリ合えばラッキーですし、試す価値はありますし、私がお勧めしているメーカーの特定のシューズでも、どうしても、そのお客様の足に合わないという方は、わずかですが一定の比率でいらっしゃるのが実状です。

正直申し上げて、お客様の靴の中が、どのような圧迫感になっているのか私には分かりませんし、お客様に色々質問しても、お客様自身も何がいいのか判定できない部分もあり、決定打はないのが実状ですが、10人のお客様のゴルフシューズを見立てたら、9人以上は満足して頂けていて、私のゴルフシューズ選びは大きく外していないつもりでいます。次のページでは、具体的な商品を取り上げてご紹介していきます。

《NEXT》→『おすすめゴルフシューズ

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME