女性ゴルファーが選ぶゴルフクラブと飛距離

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

女性ゴルファーが選ぶゴルフクラブと飛距離

女性のゴルフクラブの選び方

男性に比べて、女性ゴルファーのゴルフクラブ選びは難しい要素を含んでいます。

まずはゴルフクラブの選択肢が物理的に少ないというとこ。また、それを試打できる環境を万全に備えた施設がそれほど多くないということです。

さらにメーカーは、女性の体力レベルを過小評価している部分もあり、シャフトが柔らかすぎたりする一方で、レディースゴルファーの方も、自分の体力レベルを過小評価する傾向にありますので、総じてレディースの方々は、軽くて柔らか過ぎるゴルフクラブを使ってゴルフをしている傾向も見られます。シャフトが柔らかすぎれば球筋は安定しません。シャフトが軽すぎれば全身を使ったゴルフスイングになりにくく、俗に言う手打ちのゴルフスイングになってしまう危険性が高いのです。

そもそも女性は、テニスやソフトボール経験者などを除くと、物を振るという動きをあまりしていません。しかし物を振る動きを続けていると、どんどんその能力が開発されて、「ゴルフ力(ぢから)」が短期間でついてくることがあります。そういう意味では現時点の個人差がとても大きいので、その女性ゴルファーの現時点と将来を見極められるゴルフショップを探すことが大切です。

とにかく、体力的に伸びしろが大きいのが女性ゴルファーの特徴です。

今に問題なければそれでいいのですが。上達を目指すのであれば、今の自分に合わせたゴルフクラブでは上達できません

少し先を見た重量のゴルフクラブを選び、「ゴルフぢから」がついてきて、今のゴルフクラブが見合わなくなってくる上達の課程において、ベストなタイミングでゴルフクラブを換えていく必要があるのです。しかし最初から重すぎるシャフトは女性には無理です。根本的に体力は少ないわけですので、買い換えを惜しんで2段階先のゴルフクラブを一気に手にしたりすると、もうどうにもならなくなってしまいます。

どんどん体力がついてくると、レディースのゴルフクラブでは使い物にならない…、という状況になることはよくあります。

だからといって、男性用のゴルフクラブを持っていいのかというと。これも少々違います。やはり、筋肉量に男性と女性の差はあります。非力な男性用のゴルフクラブの中で女性も使えそうな、いわゆるユニセックスクラブと思えるゾーンのゴルフクラブが、私の判断ではいくつか存在しています。そういったゴルフクラブに、ある処理を施すとパワーのある女性にピッタリのゴルフクラブができます。

当ゴルフレッスンスタジオでは女性のお客様も多数いらっしゃいます。

2Fのショップスペースも3Fの試打フィッティングルームも、すべてお客様1名様だけに貸し切りでお使いいただく、予約制をとっています。他の男性の目を気にする必要もありません。お気軽にご利用下さい。

《NEXT》→『女性ゴルファーのヘッドスピード

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME