女性ゴルファーが選ぶゴルフクラブと飛距離

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

女性ゴルファーが選ぶゴルフクラブと飛距離

女性ゴルフスイングとドライバーの飛距離

SGAゴルフレッスンスタジオにご来店いただく女性に、明らかに存在する傾向がありますので、この場お借りしてお話ししておこうと思います。

SGAゴルフレッスンスタジオはこういうショップですので。ゴルフに前向きで、結果を出したいと真剣にゴルフを続けられている女性ゴルファーが多くいらっしゃいます。多くの方がゴルフレッスンの経験をお持ちで、ゴルフスイングの形はできている女性がたくさんいらっしゃいます。しかしゴルフレッスンで「ゆっくり振れ」と言われている様で、スイングスピードがまったくありません

多分、宮里藍プロの影響だと思います。結果としてテイクバックが遅すぎて、テイクバックの意味がなくなり、スイングを作ったトップから始めているのに等しい振り方でゴルフをされています。

当然、ドライバーの飛距離は出ません。皆さん飛びません。

もしも、何年もゴルフスクールに行っている様で、成長していない、または成長が止まっている人は、そのゴルフレッスン、ゴルフスクール通いは考えた方がいいでしょう。

また、ゴルフクラブに関しては適切なタイミングで、適切な入れ替えが出来ていない事で、上達が止まっている方も多く見られます。ゴルフクラブのせいで上達するタイミングを逃している状態です。

ドライバーも含め、ゴルフクラブ選びも女性だと言うだけで、型にはめたようにLシャフトやAシャフトをあてがわれますが。学生時代に陸上やバレーボールなどの経験がある方は、ドライバーであればカーボンの40g中~後半の重量は十分大丈夫ですし、アイアンもカーボンの50g台のRシャフトで十分でしょう。とにかくゴルフクラブの販売店は、後でクレームにならないように、柔らかい物ばかり選びます。

若い頃にしっかりとスポーツをされていた方と、そうでない方の体は全然違います。

確かに、何もしていなかった人は、今の日本物のレディースのドライバーでちょうどいいですが。全般的には自分自身に対する認識が過小評価されていて、本当に必要なドライバー、ゴルフクラブを手に出来ていない傾向を強く感じています。

女性だから女性用のドライバー、ゴルフクラブを使わなければいけない。という固定概念は損をします。

本当に信頼できるクラブフィッターに相談すべきだと思います。

《NEXT》→『女性ゴルフのアイアンの番手

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME