スライス・フックの原因とゴルフクラブ

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

スライス・フックの原因とゴルフクラブ

スライスとフックの原因をゴルフクラブのせいにだけしていませんか?

ゴルフクラブの性能が影響していないわけではありませんが、ゴルフクラブはそれ自身が動く機能はありませんので、ゴルフクラブを変えるだけでスライスが消える望みは幻想でしかありません。

スライスはクラブヘッド軌道のアウトサイドインが原因であると思っていませんか?逆にフックはインサイドアウトが原因だと思っていませんか?

この3つにYESの方は大きな間違いをしています。ボールが曲がる原因は他にあります。スライス・フックの原因は、私がご説明していますスマッシュロジック理論を知ればわかります。スライスが出るので何とかそれ修正しようと試みると、極端に左の飛び出しフックするチーピン・ショットになってしまう方が多いのではないでしょうか。そこにも原因がありますので、スマッシュロジック理論を知れば解消可能です。

原理を知り修正の練習を行えば球筋は安定し、まっすぐ飛びだし、スライスもフックもかからず、まっすぐ飛んでいく理想的な球筋のボールを打つことが可能となります。スマッシュロジック理論を知らなくとも、ゴルフにエネルギーと時間を多く使い、何年も練習場やコースでの経験が積み重ねることで、理屈なくスマッシュロジック理論を体得している上級者もたくさんいらっしゃいます。

しかし、ゴルフスイングのインパクト中にボールとゴルフクラブで何が起きているのか明確に理解した上で、正しい動作(ゴルフスイング)を練習することで球筋を安定させることは短時間で可能となります。

《NEXT》→『ゴルフクラブのライ角が原因

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME