ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイングとミスショットの原因

ゴルフクラブのリシャフト

ゴルフで結果が出ない。ゴルフ場でドライバーが曲がる。飛ばない。そんなゴルファーの行動パターンのひとつとして、ゴルフクラブのリシャフトが考えられます。

丸ごと買い替えたいのもやまやまだけれど、なるべくお金を節約して、リシャフトで様子を見るのが一番賢い選択だと思う方が多いかと思います。ネットの口コミを読みあさり、シャフトの性能をイメージして、それがそのまま自分のクラブヘッドで組み上げたゴルフクラブでも味わえると想像する。

一見、賢そうな選択に見えるリシャフト。実はリシャフトというものは、失敗した時の金銭的リスクが大きい手段のひとつであることはおわかりいだけると思います。

ご自分の周囲の方々を冷静にご覧になっても感じることなのではないでしょうか。そもそも、今までゴルフをしてきたご自身が、リシャフトをした経験があれば実感されていることでしょう。本当に成功したと心から感じられた事がおありでしょうか?ネットや雑誌でいろいろ勉強したし、自分は賢いから大体のイメージはつく。自分だけは失敗はないとお考えではないでしょうか?

リシャフトという行為を、無理に止めるつもりはありませんし、実際私もリシャフトを請け負っています。但し私は、本当に結果がイメージできるクラブヘッドだけしかお受けしていません

一般のゴルファーの方々は、ゴルフクラブのリシャフトは非常にデリケートなものであるという現実を、十分に把握した上でご検討された方がいいかと思います。リシャフトは悪ではありません。ただ、一般のゴルファーの方が思っているほど、抜いて挿すだけで、どのクラブヘッドに付けても同じ性質のゴルフクラブが出来る。という様なもので無い事を、事前に理解しておいた方がお金は損をしないと思います。

具体的には後で書きますが、まずリシャフトというかゴルフクラブを組み立てるに当たっては、大なり小なり、既製品のシャフトに切断の作業が必要になります。実はシャフトの手元側を切るのか、先端側を切るのかで、びっくりするほど特性が変わります。また0.5インチ長く使ったり、0.5インチ短く使うことでも、大きな使用感、データの違いを感じるはずです。

SGAゴルフレッスンスタジオには、アキュベクターゴルフスイング弾道解析という、一般のゴルフ量販店にあるようなゴルフクラブ診断に使う測定器ではなく、非常に現実に近い数字を弾き出してくれる本物の計測器があります。

私は1個のクラブヘッドに対して2本の同じシャフトを使い、1本は先端側を少しずつ短くしていきながら実打データをとったり、もう1本は手元側を少しずつ短くしていきながら実打データをとったこともあります。そういったリシャフトの組み上げ方による、バックスピンや打ち出し角、ボール初速の変化など、様々な現実を見てきました。非常に興味深い物があります。

例えば、シャフトを徐々に短くしていけば、振った時の体感も違ってきます。手元側を多く切れば、太い剛性の高い部分が少なくなるので、一般的にシャフトは柔らかく感じるようになったりもします。つまりフレックス表示は同じSでも、組み立て方ひとつ、先端に付けるクラブヘッドのボーゼルの構造の違いで、結果的に柔らかくも硬くも感じるものなのです。

ドライバーであればシャフトり先端部をメインに切っていきます。この先端部を切り落とす量でも、シャフト性能や体感は大きく変わってきます。カタログや口コミに書いてある印象や、トルクや重量などの数字、フレックス表示から判断した、イメージと現実とのギャップが発生する可能性は無限大にあるということです。

私は究極の話しをするならば、組み上がったゴルフクラブを試打して、打ち出たボールのデータを正しく取り、いちばんいい数字が出るゴルフクラブを、そのまま持ち帰るのがいいと思います。

微妙ですが、同じ商品の既製品も1本ずつ状態が違います。同じゴルフクラブでさえ個体差があるのです。だからトッププロ達は、同じ仕様のゴルフクラブを何本も打ち比べて、いちばんいい物を選択していきます。我々アマチュアにとって、それは無理ですが。同じ商品として売られているゴルフクラブでも、それだけの個体差を感じる人はいるし、それが現実としてデータに出ることもあるということはご理解いただきたいのです。打ってみなけりゃわからない。というのが現実です。でも、打てば結果は見れるのです。それで判断すればいいだけです。

リシャフトのように組み上がりを想像して、そこにお金を注ぎ込むことはリスキーな面もあるワケです。

さて、ここまで読み込んだあなたなら、リシャフトという行為がある意味ギャンブルである事にお気付きになったのではないでしょうか。シャフトには元調子のシャフトもあれば、中調子のシャフトもあります。それぞれ特性が違います。先端に装着するクラブヘッドの特性によっても数字や体感も変わってきます。よく、ドライバーを新しくしたら良くない。前使っていたドライバーのシャフトの感じは良かったので、前のドライバーからシャフトを抜いて、それを使ってリシャフトして欲しいというオーダーを受ける事がありますが。残念ながら以前のテイストは新しいクラブヘッドでは再現できないと考える方がいいでしょう。

リシャフトは、そんなに単純なものではないのです。

リシャフトで組んだゴルフのクラブは、ヘッド+シャフト+グリップの3要素を全て盛り込んだ合作によって産まれた性能によるものです。

特にシャフトの組み方は重要で、意図して操作できる部分もあれば、クラブヘッドの制約を受けてしまう内容もあります。リシャフトというものをあまり安易に考えず、結果を出したいのであれば組み上がったゴルフクラブを試打して買うことをお勧めします。

特に結果にこだわらず、いろいろ投資しながら失敗や成功を重ねてクラブマイスターの領域を目指す志向で、とにかく自分の信念に基づいたリシャフトをやって、それを使ってみたいんだという方は、どんどんリシャフトしてみるといいと思います。

大方のゴルファーは、自分のゴルフを良くしたい、スコアを出したい、球を曲げたくない、飛ばしたいという欲求からリシャフトの検討を始めたはずです。そうであるならば、リシャフトは少し遠回りかもしれません。止めませんが、本当にそれでいいんですか? それでゴルフの結果が出なくてもいいんですね?リシャフトする事で出来上がるゴルフクラブは、今ここになくて想像するだけ、試打も出来ないんですよ。という事実は、自分の中で消化しておいた方がいいかと思います。

たかがリシャフトですが、されどリシャフトなのです。いろいろなゴルフの楽しみ方があるので、否定する事はまったくないのですが。たくさんのお客様を見てきて、率直に思うことを書かせて頂きました。

《NEXT》→『リシャフトと知識

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME