ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイングとミスショットの原因

トップとダフリの原因と改善

トップとダフリの原因はいろいろあります。最大の原因はボールと体の距離にあると思います。ボールに向うたびに立ち位置が異なるゴルファーが多いです。

立ち位置が変わればクラブヘッドのフェース中央にボールが当たる為には、その都度ゴルフスイングを変化させなければいけません。本来強くボールをヒットして行く為には、ほぼ両腕が伸びた状態でインパクトを迎えていく事が理想的です。

しかし、上半身の前傾角を保つ、ボールをよく見るなどのイメージがゴルフスイングにある方は、体とボールの距離を十分取れない状態でインパクトを迎える方が多く、クラブヘッドが行き場を失い、下へ逃げていく事で、ダフリになります。

トップにはダウンスイングからインパクトまでのゴルフスイング中に、左肩を引き上げ過ぎる動作が強すぎ、右腕を伸ばす動作がない事が原因とお考え下さい。

自分の体型、持っているゴルフクラブの長さに適切な場所にボールを安定してセットし、ゴルフスイングする事が大切です。

不足している動作は練習により改善していくしかありません。ただ何を考えてゴルフスイングすれば正しいゴルフスイングになるかは、ゴルフ初心者や一般アベレージゴルファーにはなかなか想像出来ないと思います。その様な状態の方は是非、ご来店いただき適切な修正方法を理解した上で、練習して頂く事をお薦めします。

ダフリ、トップの原因の中には、ゆるゆるにグリップを握っている事でクラブヘッドが安定した軌道を通らず、ダフリやトップにつながっている方もたくさん見受けられます。ゆるゆるグリップが推奨された数年前から、そのままの情報を鵜呑みにしている方が多くいらっしゃいます。

ゴルフクラブと自分自身の接点は手にあります。握りがゆるゆるの場合は自分の意思がクラブヘッドの動きに伝わりません。その状態では安定してフェース面の真ん中でボールをヒットする事は難しいとお考え下さい。自分の意思がクラブヘッドの動きに伝わる程度の圧力は必要です。

ボールをよく見て打つと考えている方は、上半身が突っ込み、懐がなくなりダフリが発生する思います。

ここでゴルフスイングレッスン《ゴルフ体操》が効果的です。

《NEXT》→『グリーンまわりと寄せ

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME