ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイングとミスショットの原因

バンカーショットの基本

バンカーショットの基本的な打ち方は、グリーン周りの寄せとは異なります。どちらかと言えばフルスイングの仕組みに近いとお考え下さい。

バンカーからのボールがなかなか遠くへ飛ばない方が多いと思います。その原因はインパクトの瞬間にグリップの握りが緩んでいる事によると思います。またダウンスイングからインパクトフィニッシュにかけての左上半身の側ひねり起で、しっかり反時計回りに胸部肋骨を回して振り切る事が出来ていないとボールは遠くへ飛びません。

距離の調整はヘッドスピードとボール下の砂の厚さの調整が大切です。

ヘッドスピードが早ければボールは遠くへ飛びます。しかし早く振り過ぎると、だるま落としの様になり、距離が出なくなる事も起きてしまいます。ボール下の砂を厚くとると距離が出なくなります。薄ければボールは遠くへ飛びます。ヘッドスピードとボール下の砂の厚さの組み合わせで、どれぐらいの飛距離が出るかが変わってきます。これをイマジネーションを働かせて調整してゴルフスイングし、自分が飛ばしたい距離を振れるようになっていって行きましょう。

イマジネーションは経験の蓄積から生まれます。砂の上からボールを打つ練習も絶対に必要です。ラウンドでゴルフ場へ行く時は、友人より速く到着してバンカーの練習をしましょう。ラウンド後も元気なら少しでも練習して下さい。成果は必ずあるはずです。

ホームページのゴルフスイングレッスン無料動画にも、バンカーの打ち方ゴルフバンカーショット動画は説明しています。とても充実した内容です。ご覧になって参考にして下さい。

使うゴルフクラブは、やはり重さがあるスチールシャフトのサンドウェッジが良いと思われます

《NEXT》→『パターが下手だと感じてる人は少ない?

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME