ゴルフクラブフィッティングの実態

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフクラブフィッティングの実態

危険なクラブフィッティング

「自分に合ったゴルフクラブ」というと、今の自分にピッタリ合わせ込んだゴルフクラブのイメージを持たれると思います。自分が気持ちいいスイングをすれば、真っ直ぐにボールが飛び続けるゴルフクラブを持つことは気持ちがいいですし、何よりも、自分が悪いのか、ゴルフクラブが悪いのか、の切り分けが出来ている状態というは、ゴルフに集中出来る様になります。

しかし、ここで言う「気持ちいいゴルフスイング」というのは「楽なゴルフスイング」とは違います。

例えば極端なスライサーの球を、ライ角調整という行為である程度矯正する事が出来ます。そのゴルフクラブを渡されたスライス打ちのゴルファーは初め驚くでしょう。今までと同じゴルフスイングをしてもスライスしなくなるので、腕が上がった気分になれますし、ゴルフも一気に楽しくなるでしょう。しかし時間の経過と共に、そのゴルファーはまたスライスに悩む事になるはずです。

このゴルファーはもともと、体がスライスの動きをすると、ボールがスライスするゴルフクラブを使っていたわけです。この時点でゴルファーは、もっとスライスがひどくならない様に、またもっと真っ直ぐ飛ぶ様に、自然と無意識にいろいろな努力をしていたのです。それが、ゴルフクラブが楽になった事で一瞬の黄金期を迎えるのですが、そもそもその人のゴルフスイングの質が上がったわけではない。むしろ、前記の自然な努力さえしなくなり、ゴルフスイングはもっと楽な方向へ進んで、以前より退化してしまう。という事が事実としてあります。

ゴルファーは、たとえ打った球が曲がっていても、飛んでいなくても、そのゴルフクラブに適応しようとします。無意識に、手にしたゴルフクラブに合わせてゴルフスイングを作ってしまいます。それ故にクラブフィッティングは大切です。しかし、フィッティングの方向が間違っていると、そのゴルファーのゴルファーとしての寿命を短くする可能性もありますし、弱点を補ってあげてしまったことで、むしろ長期的には悪い方向に引っ張ってしまうこともあり得るのです。

私は、今一般的に行われているフィッティングは、ゴルファーの今に合わせてフィッティングを行っている可能性を強く感じます。

もちろん身長や腕の長さ、身体的特徴に合わせて、シャフトの長さを決めたり、ライ角を設定し直す必要はあります。が、それはあくまで普遍的で、今後も大きく変わる事がない身体的要素だからこそ必要なフィッティングなのです。

しかし、ゴルフスイングは変わります。成長も退化もします。いいゴルフスイングに合わせてライ角を変える事はいいのですが、悪い動きに合わせてライ角を変えるのは良くありません。むしろ悪い動きに対しては、いい動きをした時にいいボールが出るライ角を維持して、ゴルフスイングを変えるべきなのです。

「あなたにピッタリ」という誘い文句だけで、心躍らせては危険です。もしかするとそれは「今のあなたにピッタリ」なだけかもしれません。

《NEXT》→『ゴルフクラブ買い換えの必要性

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME