ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

最新おすすめクラブ!試打できます!

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイング解析機器>GC4(GCクアッド)とスイングカタリスト

最新おすすめクラブ!試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

最新おすすめクラブ!試打できます!

今回、オススメする最新クラブは タイトリスト TSiシリーズPING G425シリーズスリクソン ZXシリーズ です。

ドライバー タイトリスト TSi2 & TSi3の紹介

2020年11月13日発売になりました。TSi2とTSi3をご紹介いたします。
共通の特性として、フェースの素材が6A4Vチタン合金から、新しいチタン合金ATI425に変更になっています。

降伏強度が6%アップしていて、これは力がかかっても塑性変形しにくいことを表します。
また引っ張り強度も4%アップ。これは引張試験機で、素材両端を引っ張りちぎれにくいことを表します。
他にも公開されている情報ありますが、具体的にはスイートスポットが最大の反発係数計測されます。

スイートスポットから少し外れている場所の反発係数が、反発係数最大の数値と大きな差がないということです。
今はちょっと芯ではないなという感覚があっても、飛距離はほとんど変わりません。

当店での手段を繰り返す中で、少し大きめのフェードになっていたとしても、トータルの距離が大きく変わらないことも確認されています。

ドライバー TSi2の評価

タイトリストTSi2のヘッド写真TSi2は大型ヘッドなので、空力性能も考えられた形状になっています。

しかし見た目に違和感があることはありません。打っても癖を感じることなく、中高弾道で大きい曲がりが出にくく、ボール直進性も高く、アベレージゴルファーから少し力が落ちてきた上級者まで幅広く使用できるヘッドです。

ドライバー TSi3の評価

タイトリストTSi3のヘッド写真TSi3は操作性の点から少し小振りのヘッドになっています。

トライックウエイトという機能があり、重心位置をトウヒールに5ポジションで移動できます。移動させると球筋が大きく変化しますので、購入後もカスタマイズ性が高いです。

上級者向けのイメージもありますが、それほど難しいという印象はありません。ただボールの打ち出し角が低いので、歴代のドライバーで9度が丁度良いゴルファーでも10度が良い場合もあります。

試打してボールの上がり具合を確認して仕様を決めてください。

シャフト TSP110、TSP322シリーズとTOUR AD DIシリーズの紹介

シャフト TSP110シリーズ

タイトリスト シャフト TSP110と322シリーズ写真振ると重さも感じず、しなやかで弾くシャフトです。しっかりした感じはありませんが、球筋は安定しています。ボール初速も早く、メーカー純正シャフトとしては素晴らしいです。

TSP322と比べるとボールは上がりやすく万人向きのシャフトです。

シャフト TSP322シリーズ

振るとTSP110と比較して若干重く感じ、切り返しで重さも少し感じます。クラブの重さを感じたい人には良いです。

球持ちよく弾くシャフトですので、多少しっかりした感じがありますが、硬すぎる感じはありません。球筋は安定していますが打ち出しが低くなる傾向があります。かなりヘッドスピードがあっても対応できるシャフトです。ボール初速も速く、メーカー純正シャフトとしては素晴らしいです。

吹き上がりなくライナー性も球筋が好みの人にお勧めです。

シャフト TOUR AD DIシリーズ

タイトリスト シャフト TOUR AD DIシリーズ写真振るとTSP322と比較して若干重く感じ、切り返しで重さも少し感じます。捻れも小さいので硬さは強く感じます。

シャフト中間部で溜めが多く、シナリ戻りで弾くシャフトです。ツアーADシリーズですから多少硬い感じがありますが、硬すぎる感じはありません。

打ち手を選ばずかなりヘッドスピードがあっても対応できるシャフトです。純正シャフトでは感覚的に頼りない人にお勧めです。

→ タイトリスト TSiシリーズの詳細

ドライバー PING G425シリーズの紹介

G425はG400から始まったシリーズの3代目として発売されました。このモデルはPINGが世界のマーケットで販売するグローバルモデルです。日本で発売される製品は、米国で販売されるモデルとヘッドは共通ですが標準装着されるシャフトは日本人向けに開発されています。性能&デザインともブラッシュアップされ素晴らしいクラブとなり生まれかわりました。ドライバー・フェアウエイウッド・ハイブリッド・アイアンを、ぜひ当店でフィッティングしていたきお客様に最適な仕様のクラブを最善の状態でお渡ししたいと考えております。

ドライバー PING G425シリーズの評価

タイトリストTSi2のヘッド写真体積が460ccとルールで許される最大になりました。G400シリーズにあったMAXは素晴らしいヘッドでした。シリーズ中、最もスイートエリアが広く優しく飛距離がでるモデルでした。G410が発売されMAXが発売されることを期待している方も多かったと思います。私もその一人でした。しかし、発売されることなくG425シリーズで復活しました。ヘッドが大きくなるとボールのツカマリが悪くなる傾向はあります。しかし今回はヘッドの肉厚を調整し、G410との比較でも重心高さが低くなり、深度が深くなり初心者から上級者当然プロゴルファーにまで幅広いゴルファーに、とても扱いやすいヘッドになったと思います。

SFTヘッドは更にツカマリが良くなりスライスしにくいヘッドになったいます。LSTはヘッドスピードが速く、引っかけやフックを押さえる設計になっています。測定でバックスピン量が多いゴルファーにも向いています。これだけの種類があれば多くのゴルファーに対応できます。

シャフトは従来通り50・60・70g台の選択肢があり、更に硬さも3種類ありますのでバリエーションが多く、一人一人に合うシャフトを選択できます。定価が7万円ですが販売価格に見合う素晴らしいドライバーと思います。

フェアウェイウッド・ハイブリッド PING G425シリーズの評価

タイトリストTSi3のヘッド写真ヘッドの2つ以上のパーツを接合してできている構造が変わりスイートエリアが大きくなりました。トップ気味でもボール初速が落ちず、バックスピン量が最適に保たれます。当たり所によらず飛びます。G410シリーズのフェアウエイウッドは素晴らしいヘッドでした。初心者から上級者当然プロゴルファーにまで幅広いゴルファーに、とても扱いやすいヘッドになったと思います。

SFTヘッドは更にツカマリが良くなりスライスしにくいヘッドになったいます。LSTはヘッドスピードが速く、引っかけやフックを押さえる設計になっています。測定でバックスピン量が多いゴルファーにも向いています。これだけの種類があれば多くのゴルファーに対応できます。

シャフトは従来通り50・60・70g台の選択肢があり、更に硬さも3種類ありますのでバリエーションが多く。、一人一人に合うシャフトを選択できます。販売価格に見合う素晴らしいフェアウエイウッドと思います。

アイアン PING G425シリーズの評価

タイトリストTSi3のヘッド写真飛距離やスイートエリアの拡大を実現するためにG400・G410にあったフェース面の薄さに由来する、薄っぺらい打球音や打球感が改善されました。本当に良くなりました。ヘッド形状もシエイプアップされブレードも薄く見えるように研磨されています。ヘッドの形に違和感がありPINGのアイアンは嫌いという人も気に入るはず。初心者から上級者当然プロゴルファーにまで幅広いゴルファーに、見た目、感覚、全てにおいて扱いやすいヘッドに進化したと思います。シャフトは多くの選択肢があり、ハードヒッターから女性まで一人一人に合うシャフトを選択できます。見た目もかっこよく性能的にも優しいヘッドに進化しました。

→ PING G425シリーズの詳細

ドライバー スリクソン ZX5 & ZX7の紹介

2020年10月発売になりました。ZX5とZX7をご紹介いたします。

共通の特性として、フェースの素材が新しいチタン合金TIX 51AFに変更になっています。日本製鉄が開発した軽比重・高強度・高反発チタンで、ボディーはカーボンクラウンの複合構造の肉厚の設計。ボールがフェースに乗っているときのフェースのタワミが最大になり、飛び出るボールの初速が最大になることを目指しています。

飛びに関しては契約で使用する義務のない松山プロが使用し始めたことからわかるように、外国メーカーのドライバーとより飛んでいると思われます。

ドライバー スリクソン ZX5とZX7の評価

スリクソンZX5とZX7のヘッド写真私のヘッドスピードでもフェース&ボールのタワミを感じることができます。

今までのスリクソンドライバーはスイートスポットから外れ、今はちょっと芯ではないなという感覚あるとバックスピンや、打ち出し角など安定しないモデルも時々ありましたが、今回のモデルは球筋・飛距離も非常に安定しています。

これは慣性2次モーメントが大きくなっていることが理由と思われます。国内契約プロが使用し優勝している実績もあり球筋が安定していると評価が高いようです。

ZX5とZX7のデータ的を比較しても大きな差は感じません。見た目で選んでいただいても良いと思います。

ZX7はチューニングウエイトが2ポジションで変更できます。ZX5はチューニングウエイトが1ポジションで変更できます。
購入後のチューニングはZX7の方が自由度は大きいです。癖のない振りやすいヘッドで、良いですね。

シャフト ディアマナZX50とZX60の紹介

三菱が設計製造した純正装着シャフトはディアマナZX50 ZX60の2種類用意されています。

2モデルとも近いフィーリングで、スイング中にとても軽くしなやかにシナリます。インパクトゾーンからフィニッシュまで一気に振り抜け、とても振りやすいシャフトです。

データ的には手元と先中部分に柔らかいところがある、穏やかな2キック特性シャフトです。捻れも比較的大きいです。

昔だったらバックスピンが多くなり、球も右左にばらついても仕方ないシャフトですが、打ち出し角は高く、バックスピンが適度に抑制され、安定した方向性が実現できています。

シャフト ディアマナZX50とZX60の評価

スリクソン シャフト ディアマナZX50とZX60の写真ZX50よりZX60は少し重く感じ少し硬くは感じますが、好みで選べば良いと思います。

国内のカーボンシャフト生産量No.1のスリクソンが他社のシャフトを純正に採用することは、社内のシャフト技術者はメンタルは厳しいものだったでしょう。

あえて採用されたこのシャフトは、本当にバランス良くゴルファーを選ばない万能シャフトと思います。

→ スリクソン ZX5とZX7の詳細

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

かんたんネット予約