サイエンスゴルフアカデミーのコロナ対策

ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

タイトリストのクラブ紹介と評価

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

スリクソンZX7&ZX5&ZX 試打できます!

タイトリストTSi2&3 試打できます!

PING G425 試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

タイトリストのクラブ紹介と評価

ドライバー TSi2 & TSi3の紹介

2020年11月13日発売になりました。TSi2とTSi3をご紹介いたします。
共通の特性として、フェースの素材が6A4Vチタン合金から、新しいチタン合金ATI425に変更になっています。

降伏強度が6%アップしていて、これは力がかかっても塑性変形しにくいことを表します。
また引っ張り強度も4%アップ。これは引張試験機で、素材両端を引っ張りちぎれにくいことを表します。
他にも公開されている情報ありますが、具体的にはスイートスポットが最大の反発係数計測されます。

スイートスポットから少し外れている場所の反発係数が、反発係数最大の数値と大きな差がないということです。
今はちょっと芯ではないなという感覚があっても、飛距離はほとんど変わりません。

当店での手段を繰り返す中で、少し大きめのフェードになっていたとしても、トータルの距離が大きく変わらないことも確認されています。

ドライバー TSi2の評価

タイトリストTSi2のヘッド写真TSi2は大型ヘッドなので、空力性能も考えられた形状になっています。

しかし見た目に違和感があることはありません。打っても癖を感じることなく、中高弾道で大きい曲がりが出にくく、ボール直進性も高く、アベレージゴルファーから少し力が落ちてきた上級者まで幅広く使用できるヘッドです。

ドライバー TSi3の評価

タイトリストTSi3のヘッド写真TSi3は操作性の点から少し小振りのヘッドになっています。

トライックウエイトという機能があり、重心位置をトウヒールに5ポジションで移動できます。移動させると球筋が大きく変化しますので、購入後もカスタマイズ性が高いです。

上級者向けのイメージもありますが、それほど難しいという印象はありません。ただボールの打ち出し角が低いので、歴代のドライバーで9度が丁度良いゴルファーでも10度が良い場合もあります。

試打してボールの上がり具合を確認して仕様を決めてください。

シャフト TSP110、TSP322シリーズとTOUR AD DIシリーズの紹介

シャフト TSP110シリーズ

タイトリスト シャフト TSP110と322シリーズ写真振ると重さも感じず、しなやかで弾くシャフトです。しっかりした感じはありませんが、球筋は安定しています。ボール初速も早く、メーカー純正シャフトとしては素晴らしいです。

TSP322と比べるとボールは上がりやすく万人向きのシャフトです。

シャフト TSP322シリーズ

振るとTSP110と比較して若干重く感じ、切り返しで重さも少し感じます。クラブの重さを感じたい人には良いです。

球持ちよく弾くシャフトですので、多少しっかりした感じがありますが、硬すぎる感じはありません。球筋は安定していますが打ち出しが低くなる傾向があります。かなりヘッドスピードがあっても対応できるシャフトです。ボール初速も速く、メーカー純正シャフトとしては素晴らしいです。

吹き上がりなくライナー性も球筋が好みの人にお勧めです。

シャフト TOUR AD DIシリーズ

タイトリスト シャフト TOUR AD DIシリーズ写真振るとTSP322と比較して若干重く感じ、切り返しで重さも少し感じます。捻れも小さいので硬さは強く感じます。

シャフト中間部で溜めが多く、シナリ戻りで弾くシャフトです。ツアーADシリーズですから多少硬い感じがありますが、硬すぎる感じはありません。

打ち手を選ばずかなりヘッドスピードがあっても対応できるシャフトです。純正シャフトでは感覚的に頼りない人にお勧めです。

→ タイトリスト TSiシリーズの詳細

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

かんたんネット予約