ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

SGAゴルフレッスンのお客さま例

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイング解析機器>GC4(GCクアッド)とスイングカタリスト

最新おすすめクラブ!試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

SGAゴルフレッスンのお客さま例

こんなお客様が上達しています

スポーツ万能でもゴルフは上達しない

身長が高い弊害

《音声》身長が高い弊害

youtubeに音声をUPしました。読むのが少し面倒と感じた方は、再生ボタンを押してご利用下さい。

身長が高いことの弊害が、上達を阻害していないか

身長が高いという事は、そもそも筋肉が入っている器が大きいという事ですから、ゴルフにとって非常に有利なことはPGAのツアーをご覧になっても明白です。パワーがありますからレギュラーディーからラウンドすれば、ドライバーがガーンと飛んでしまえば、次に100y程度の短い寄せ、パターで何とかなるってしまうので、ハマればとんでもないスコアが出ます。

アイアンは物理的に縦振りが出来るので、方向性的もものすごく有利なワケですが。その代わり背の高い人がピッタリ合うライ角になっている、アップライトのゴルフクラブなんてどこにも売っていない。だから背の高い人は皆かがんでゴルフをしています。体に合わないから仕方なくゴルフクラブに合わせて手を下げる、前傾深すぎるか背中まるまっているかどちらか。もっと上から見て縦振りして下さいって言うと、楽になるけど見えてる景色が全然違うから「こんなんでいいの?気持ち悪い」という話しになります。長年合わないゴルフクラブに合わせさせられているからそうなってしまいます。

本当に背が高いとアイアンも長くしないと合いません。でも、そういう長いゴルフクラブは売っていないのが現実です。

つまり持てるゴルフクラブが売っていないのです。日本のゴルフ業界として難しいのは、長いアイアンが作れないという事もあります。 製造されるヘッドの重さが決まってしまっているので、短いゴルフクラブを作ろうと思えばシャフトに鉛をガンガン詰めればとりあえずは形だけは作れてしまうけれど、長いゴルフクラブはバランスが出すぎる(すごく重いゴルフクラブに感じてしまうものになる)から、それでは使い物にならない。ヘッドのウエイト調整機能が付いているものだと多少は出来るのかもしれないけど、あまり一般的ではなく、こういうゾーンのゴルファー向けに自由にゴルフクラブを作れるのは基本的にPINGという選択肢しかありません。

体の大きい人は基本的に手も大きいワケです。そうなってくるとグリップの太さも重要になってきます。手が大きいゴルファーのほとんどがグリップを指で握っています。これではゴルフは無理なんです。すごく手が大きい人が標準的な太さのグリップをパームで握れと言われても浮いてしまう。それだと力が出せないから仕方なくフィンガーグリップにして、それを安定させるためにすごく強くグリップを握っている方が大勢います。

グリップはスイングはもちろんバックスピン量にも直結します。やはりそういう方は太いグリップを装着しないといけません。本とかに書いている握り方だと収まりが悪くて握れない。既存の理論がモノが合わない事によって現実化できない状況です。 その状況で無理して真似しようとするからいろんな事が起こってしまう。そういう事が随所に見られます。

きちんとゴルフクラブを選べばアナタの体をしっかり使い切ってゴルフスイング出来る様になって、投資効果がすごく出て飛ぶようになります。グリップひとつとっても、私がお薦めするグリップを握って頂くと、皆さん「これはいい!」とおっしゃいます。

《NEXT》→『合う物が売ってない

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

ネットで簡単に予約出来ます!

かんたんネット予約

『かんたんネット予約』は24時間受付!
お電話での予約は定休日以外の10時〜19時の間
電話番号:011-215-0896

ご来店・ご予約を迷われてる方へ

《動画時間》2分37秒