ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

スイング理論とアメリカ武者修行

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイング解析機器>GC4(GCクアッド)とスイングカタリスト

最新おすすめクラブ!試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

スイング理論とアメリカ武者修行

ジム・マクリーンゴルフスクール

ヘッドスピード

クラブヘッドが回転軸に近い方がヘッドスピードは速くなる

ゴルフスイング中の軌道(スイングアーク)とシャフトの軌道(スイングプレーン)についてお話しします。

“スイングアークは大きいほど飛ぶ”というのは非常に聞き慣れた言葉ですが、それだけでは飛距離アップには十分ではないのです。ロングヒッターには図の様に、ゴルフスイング時にはテークバック時の大きなヘッド円運動と、ダウンスイング時の小さな円軌道が見られます。

この“差”が大きいプレーヤーはボールが飛びます。テークバックで十分に体を捻りパワーを蓄積し、それを解放しながらゴルフスイングするわけですが、パワーが同じであれば、腕、クラブヘッドがゴルフスイングの回転軸に近いところを通った方がヘッドスピードはアップします。

ゴルフスイング理論図 写真1 フィギュアスケートのスピンを思い出して下さい。腕を頭の上に組んでいる時には非常に高速で回転しているのに、腕を横へ開くと回転が急速に減速します(図参照)。

“重量物(腕は結構重い)が体から離れると体は速くスムーズに回転しないのです”現在はゴルフクラブが長くなっているので、クラブヘッドが回転軸から離れやすくなっています。手首が体から離れない様に、小さく振り下ろすとヘッドは走りやすいはずです。

左上)腕を広げると速く回転しにくい 右下)腕を回転軸に近づけると速く回転できる

ゴルフスイング理論図 写真1 さらに、写真(F・カプルス)はヘッド軌道が横方向に楕円になっている事に注目して下さい。これはゴルフスイング中に体重移動を大きくしている表れです。これも体重をボールに乗せる意味で飛ばしのポイントですが、大きい体重移動はボールの曲がりの原因にもなります。ほどほどが大切でしょうか。

《NEXT》→『オンプレーン

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

ネットで簡単に予約出来ます!

かんたんネット予約

『かんたんネット予約』は24時間受付!
お電話での予約は定休日以外の10時〜19時の間
電話番号:011-215-0896

ご来店・ご予約を迷われてる方へ

《動画時間》2分37秒