SGAゴルフレッスンのお客さま例

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

SGAゴルフレッスンのお客さま例

こんなお客様が上達しています

長期間使い過ぎたゴルフクラブを変えた

《音声》長期間使い過ぎたゴルフクラブを変えた

youtubeに音声をUPしました。読むのが少し面倒と感じた方は、再生ボタンを押してご利用下さい。

長期間使い過ぎたゴルフクラブを変えた

フィッティングでネット購入に書きましたが。ゴルフクラブとゴルフスイングの関係は別々に語れるものではなく、ボールを遠くに真っ直ぐ飛ばそうとした瞬間に、その主従関係はゴルフクラブが「主」、それを使う人間のゴルフスイングが「従」になります。

それを前提にした時、同じゴルフクラブを長期間使い続けていた場合にどんなことが起こるでしょうか?

ゴルファーはゴルフクラブに振らされているワケですから、ゴルフクラブは長く使うほどその使いこなしに長けてきます。一見すると良い事の様に思えますが、真剣にゴルフを続けていくとステップアップのためにどこかのタイミングでスイング改造をする事になります。自ら主体的に改造に着手する場合もあれば、ゴルフスイングが自然と壊れてしまい、それを立て直そうとして無意識のうちに以前のゴルフスイングを捨てて新たなゴルフスイングを構築している場合もあるでしょう。

さて、その時に長年連れ添ったゴルフクラブを使ってゴルフスイング改造が出来るでしょうか?そのゴルフクラブをどう使えばいい結果が出る確立が高いか体は知っているのです。

ゴルフスイング改造に取り組もうと奮起しても長年連れ添ったゴルフクラブごと変えないと、結局ゴルフスイングは元のさやに収まる可能性が高い事はご理解いただけると思います。使い方を知っているゴルフクラブでゴルフスイング改造は難しいのです。同じゴルフクラブを使えば使うほどゴルフスイングは固定化されてしまい、凝り固まったゴルフスイングはさらに動かしにくくなる事でしょう。私自身もある一定期間でゴルフクラブは意識的に入れ替えています。ひとつのゴルフクラブに執着したプロが、そのゴルフクラブの性能劣化と共にゴルフの結果も衰退していった姿を見た事もあります。

こういったゴルフクラブとゴルフスイングの関係を逆手に取る方法があります。

ゴルフスイング改造しようと思った時にゴルフクラブも一気に全部変えてしまうのです。当店へご来店のお客様で短期に上達される方はこのパターンの方がほとんどです。以前のゴルフスイングに戻っても良い結果が出ない状況を作ってしまうのです。荒療治の様に見えますが人間はそれでも何とか手に取ったゴルフクラブでゴルフを成立させようと努力しますので、何らかの新しいゴルフスイングが身に付く事になります。

その時に手に取っていたゴルフクラブが変なゴルフスイングを要求するゴルフクラブだったら問題ですが。当店がお渡しするゴルフクラブはその方がナイススイングをした時にナイスボールが出る様にフィッティングして、調整を施したゴルフクラブです。お渡ししたゴルフクラブに自分をはめ込んでいくつもりで、一気にスイングを動かしていく。そんな取り組みをされた方が上達しています。

《NEXT》→『ゴルフは腕!と云う考えを捨て思考転換

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME