ゴルフクラブフィッティングの実態

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフクラブフィッティングの実態

現在のゴルフクラブフィッティングの実態と、私、北市秀男のゴルフクラブ・フィッティング思想を少しお話しします。

ゴルフクラブをゴルファーの身長や体格、体力レベルに応じてフィッティングするのは極めて当然の行為です。もし、この話がゴルフクラブではなく、洋服の話だとしたら、フィッティングは誰もが当然の行為だと思うはずです。自分のウエストより大きいと服が脱げてしまう。自分の袖丈より長いと手が出なくて物が取りづらいと、自分に合っていない事がすぐに感じとる事が出来ますし、自分に合わない服を着続けることの不便さを直感的に感じる事が出来るのは言うまでもありません。

これがゴルフクラブだったらどうでしょう。

ゴルフはもともと難しいスポーツです。そのスポーツとしての難しさに紛れてしまい、自分とゴルフクラブの関係が、一体どうなっているのかが感じ取りにくいのが一般的です。また、日本人の多くはとても真面目な性格でもありますので、上手くいかないのは自分が悪いからだと考えて、とにかく今ある環境やゴルフクラブで頑張ってしまう傾向が強くあります。ひたむきに頑張る姿は美しくも見えますが、ことゴルフの上達に焦点を合わせると、少々考えものです。

例えば、身長が185cmで生まれ持って筋肉量がとても多い欧米人の、それも極端なスライサーの人が打った時に、はじめて真っ直ぐ飛ぶようにセッティングされたアイアンがあるとしましょう。そのゴルフクラブを手にした身長170cmの日本人が、一生懸命、身につけた真っ直ぐ飛ばすゴルフスイングは、果たしてその日本人にとって、その本人にとっての一番いいゴルフスイングだと言えるでしょうか?

また、幼児向けのジュニア用の極端に短いアイアンを使って一生懸命練習をして、ナイスショットが連発出来るゴルフスイングを身につけたとします。しかしそのゴルフスイングは、そのゴルファーの体型、体格に合った自然なゴルフスイングと言えるでしょうか?どこかを無理して、使うべきところを使わずにゴルフスイングをしたり、その逆の事をして調整していないでしょうか?

ゴルファーはゴルフクラブに合わせてスイングを作っていきます。この事は間違いありません。自分に合っていないゴルフクラブと一生つきあって、そのゴルフクラブだけでナイスショット出来る、第三者の視点では問題の残るようなゴルフスイングを身につけるのも一つの手段です。しかし、自分の体型に合った自然なゴルフスイングをしたときにナイスボールが出るゴルフクラブを持つのも、別の手段としては存在しています。

自分に合っていないゴルフクラブであってもゴルフは出来ます。筋肉量の多い大男のスライサーのために作られた極端なゴルフクラブでも、幼児用の短くて軽いゴルフクラブでも、ゴルフは出来ますし、慣れればいいスコアが出るかもしれません。しかし、ゴルフスイングだけでなく、ゴルファーの体も心配になってきます。そのまま何年も、そのゴルフクラブに合わせたスイングをして、腰や関節は大丈夫でしょうか?本来使うべき体の部位がしっかり使われてストレッチされているでしょうか?発達すべき筋肉群は使われるゴルフクラブでしょうか?逆に使われ過ぎて故障につながらないでしょうか?

自分に合っていないゴルフクラブを使い続けると、ゴルファーとしての寿命にも影響が出てきます。軽過ぎるゴルフクラブを使っていると、最初は楽ですが、確実に体力が落ちていきます。加齢で本当に人間として筋力が落ちてきた時に、一気に飛ばなくなるでしょう。逆に重すぎるゴルフクラブを使って頑張りすぎて、腰や関節に重大なダメージを与えてもいけません。

この様にゴルフスイングという面と、体力という面で、ゴルフクラブのフィッティングは本来とても重要な役割を担っています。しかもこれらは時間軸に基づいて語られるべきなのです。

しかし、残念ながら日本では、まだ本当の意味でのフィッティングという概念が浸透していません。私にとってフィッティングとは、「そのゴルファーが、今どんなゴルフクラブを持って、どんなゴルフスイングをして、どのくらいの時期に、どういうボールが打てるようになって欲しいか」を伝える事です。

そうやって、時間をかけてお付き合いしていき、そのゴルファーがもっと打てるように上達してくれば、またそれに見合うゴルフクラブを少し先回りしてご提案する。そういったかかりつけの主治医のような機能を付加して、こちらとしても真面目にゴルファーと向き合ってこそ、本当のフィッティングが出来るのだと思っています。ドライバーを3本持って来て、それを鳥かごで打って数字を出して「これが一番飛んでいますね」というのは本当のフィッティングだとは思っていません。それならゴルフを知らない人でも出来ます。北市秀男はオペレーターではありません。

《NEXT》→『タイトリストのフィッティング事情

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME