ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイング解析機器>GC4(GCクアッド)とスイングカタリスト

最新おすすめクラブ!試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

ゴルフスイングとミスショットの原因

ゴルフクラブとライ角

ライ角が狂っている理由

ゴルフクラブのカタログを見ると、重量やバランス、ライ角にロフト角などが綺麗に並んだ設計値が表記されています。道具選びが好きな方にはなんとも言えないお楽しみの時間でしょう。

ここ数年で多少良くなってきた感はありますが。一般に流通しているカスタムフィッティングしていない、いわゆる「吊し」のゴルフクラブであれば、その表の数値と実際のゴルフクラブの数値は、異なる部分があると認識して下さい。数字がドンピシャ合致しているものも、もしかしたらあるかもしれませんが、あまり期待しない方が賢明でしょう。期待できるのは、D1とかD2とか書いてあるバランスだけかもしれません。

何故、ライ角がバラバラなアイアンセットが出荷されるのでしょうか。

これには実に様々な現実が折り重なっていますが。製造の工程でどうにもならない現実もあります。大手ヘッド製造メーカーの製造工程を知り、実際に自分で組み立てを手がける私は限界を知っています。

原因の一つは、クラブヘッド自体を製造する段階で誤差が発生するということです。

例えば半導体の製造現場などをイメージすると、とても精巧で、寸分狂わぬ製品が製造されるようなラインが思い浮かぶでしょう。しかし、クラブヘッドの製造現場は違うのです。もっともっと荒いものしか作れていないのが現実です。それは、素材を扱う難しさが理由の場合もあれば、コストダウンを推し進めている影響で、設備や製造行程を切り捨てている部分もあり、その精度のばらつきは、一般的のゴルファーのイメージに比べて遙かに大きいものだと思います。

もしライ角度・ロフト角度とも、完成したクラブヘッド単体で精度高く出来上がっていたとしても、別の原因でライ角はカタログ値に対して狂ってきます。

それは組立の段階で狂うのです。これはヘッドとシャフトは接着剤だけで固定されているために起こります。接着力が高い水準で安定するためには、最適な接着層というものが必要です。シャフトにクラブヘッドを刺した時に隙間があるわけです。隙間は接着剤で埋まりますが、刺さっているシャフトがズレた分だけ、組み上がり後のバラツキになります。これは、いくらクラブヘッド製造の工程精度が高かったとしても、どうにもならないのです。

SGAゴルフレッスンスタジオでは、お客様の体型やゴルフスイングの癖に合わせて角度はカスタマイズしますので、組み上がり後の角度調正は必ずやりますが、曲げ調整時にクラブヘッドにつかみ傷が発生する場合があります。

当店では場合によっては若干つかみ傷ができるかもしれないことをお伝えした上で、調整してお客様にお渡しますが。一般的に、日本市場では傷物は不良品です。組み立て後の調整は不良率のアップに直結するのです。

ですからメーカーは組み立てた後に調整はしません。ライ角もバラバラのままお客様の手に渡るのです。

しかしこれも表向きの話で、やる気があれば調整は絶対出来るのです。私はやる気がないだけと思います。やる気があれば、お客様によりメリットのある形でフィッティングというサービスを付加して提供する事が出来るのに、彼らはそれをやろうとはしません。

《NEXT》→『製造メーカーとの交渉経験談

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

ネットで簡単に予約出来ます!

かんたんネット予約

『かんたんネット予約』は24時間受付!
お電話での予約は定休日以外の10時〜19時の間
電話番号:011-215-0896

ご来店・ご予約を迷われてる方へ

《動画時間》2分37秒