ゴルフスイングとフィッティング

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイングとフィッティング

エビデンスに基づいたフィッティング

EBG(Evidence Based Golf=エビデンスに基づいたゴルフ)Part.2

私は「エビデンス」に基づいた道具選びも大切だと考えます。

前記のとおりですが、私は「今」のあなたにフィッティングしません。「未来」のあなたにフィッティングします。その時、私がご推奨するゴルフクラブやシャフトには一つ一つ理由があります。当然「今、一番売れているから」「○○プロが使っているから」「広告がカッコいいから」などというでは理由はありません。もともと私はゴルフクラブの設計者でしたのでゴルフクラブの本質がわかります。大学の専攻は金属でしたので、素材や製造方法にも詳しいです。カタログの内容もあれは広告だと思っていいでしょう。そのゴルフクラブの本当に良いところ、悪いところは、メーカーでテストヒッターをしていた私だから分かる事もあります。カタログや広告にいくら良い事が書いてあっても、私は私が良いと思わないゴルフクラブをお客様にお勧めする事はありません。

そもそもゴルフクラブその物や、ゴルフクラブの運動法則は物理と大きく関係しているので、私のようなゴルフクラブ設計に携わったよな経歴の人間はゴルフクラブを選ぶ際に必要な「根拠」つまり 「エビデンス」となる知見は多いはずです。そして私はお客様のゴルフスイングと同様に、お客様のゴルフクラブを選び、調整してお渡しして、そのゴルフクラブを使ったお客様のゴルフスイングや飛距離が時間経過と共にどの様に変化しているかを仕事として観察させて頂いています。

ネットや量販店でゴルフクラブを買ったら、ゴルフクラブが届いた瞬間、店を出た瞬間に以上終了ですが。当店でご購入頂いた多くのゴルフクラブには6ヶ月間の無料スイングチェックがついています。そういう制度を付加する事は私の仕事を増やす事になって大変ですが、私もゴルフクラブをお渡しした後の結果が見れるので大切な仕事でもあるのです。重いゴルフクラブを渡した人のスイングはAになる傾向があり、軽いとBになりやすいなど、ゴルフレッスンと同様に長年に渡る様々な事実が私の中に積み上がっている事も、ゴルフクラブ選びの「エビデンス」を補完し担保しています。

一般的に勘違いしないで頂きたいのは、例えば量販店に行ってゴルフスイング解析をしてもらうと、数台のカメラで撮影したクラブヘッドの動きを見せられて「インパクトの直前でヘッドが開きながらアタックしている」「アウトサイドからヘッド軌道が何度かぶっている」などという現状分析が行われますが、これは「エビデンス」とは言えません。量販店は、インパクトでクラブヘッドが開いているから閉じやすいヘッドを選びましょう、閉じやすいシャフトを選択しましょうという話になりがちで、この対処療法をフィッティングと称して行っているワケですが、所詮道具で救える事などわずかなものでしかなく、多少ゴルフスイングの補正をしてくれるゴルフクラブを持ったとしても、そのゴルフクラブに慣れてしまえば、また潜在的に持ち続けている自分のゴルフスイングの問題が結果に染み出てきます。

大切なのは根底にあるゴルフスイングの問題を「エビデンス」に基づいて解決する事。このケースでは、なぜヘッドが開いてしまうのか、なぜヘッド軌道がアウトサイドからアタックするのか?そのゴルフスイングメカニズムを根本から治療し、治療したゴルフスイングをした時に真っ直ぐ飛ぶゴルフクラブを持つ事が上達の最短距離なのです。ですから、私はゴルフのレッスンとゴルフクラブ選びを、ひとつのパッケージにしてメニュー化して、これを実現しています。

当店にご来店のお客様が短期間で成果を出されている理由は、「エビデンス」に基づいたゴルフレッスンと「エビデンス」に基づいたゴルフクラブ選びの融合にあります。

みなさんは雑誌や本、インターネットなどでゴルフ上達にまつわる数多くの情報を入手する事が出来ます。しかし必ずしも全ての情報があなた自身にとって「正しい」「効果がある」と言い切れないのも事実です。例えばゴルフ雑誌に掲載されているハウトゥー記事の多くは、プロゴルファーの練習ラウンドの合間などに記者が取材したものです。「ドライバーで飛ばしたい時にやっている事を教えて下さい」などと質問し、回答を記者がまとめていますが、それは前記したとおり、特別な能力のある人が、極めて個人的な感覚で語っている話であって、アマチュアに適合する「エビデンス」がなかったりします。

また「飛ぶ」「曲がらない」といって売られていたゴルフクラブでも、万人にとってそうである事などあり得ない話で、やはり多くは「エビデンス」に基づいた話とは言えません。どういう条件の人が使うと飛ぶのか?どんなゴルフスイングだと曲がらないのか?「エビデンス」を伴わない不確実な情報にもかかわらず、誇大に宣伝されることで自分にもメリットが得られると思い込むのは危険です。その方法が「エビデンス」に裏付けられたものである事を知った上で選択することの大切さは、お金と時間を無駄にしないためにもとても重要です。

重ねて書かせて頂きますが、私は基本的に一般のアマチュアゴルファーだけを研究し続けています。逆に言うとプロをコーチする事はありません。ですから、一般のアマチュアをプロゴルファーに育て上げる事は出来ませんが、普通の一般的なゴルファーをシングルに育て上げることは可能です。

少し時間はかかりますし、ラウンド数も必要ではありますが。ハンディ7程度までであれば、私に付いて来て頂ければ導けると自負していますし、実際そうなっているお客様もたくさんいらっしゃいます。

これまで書いてきた様に、私のゴルフスイング理論やそれに基づくアドバイスの数々。そしてゴルフレッスンだけでなく、ゴルフクラブ選び(アドバンスド・フィッティング)も、それらは「エビデンス」に基づいています。EBG(Evidence Based Golf=エビデンスに基づいたゴルフ)こそが、ゴルフ上達の最短距離だと私は考えています。

電話で予約する ネットで予約する

《NEXT》→『賢くて、情報に敏感な人でも失敗する

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME