ゴルフスイングとフィッティング

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイングとフィッティング

ポスト・フィッティングの恐怖《その弐》もう上達しない

《音声》ポスト・フィッティングの恐怖《その弐》

長文のため、youtubeに音声をUPしました。読むのが少し面倒と感じた方は、再生ボタンを押してご利用下さい。ポストフィッティングではゴルフスイングは上達しない。

続いての問題です。ゴルフスイングに問題のある状態でポスト・フィッティングを施されたゴルフクラブを使っている限りゴルフスイングの上達は一切期待できません。間違ったゴルフスイングの固定化を招きます。ご注意ください。

ポスト・フィッティングの恐怖《その壱》に記したとおり、ゴルファーはゴルフクラブという道具にスイングを「させられて」いるワケです。10°左に曲がる補正ゴルフクラブをキャディバッグに入れている限り、確実に毎回10°右に曲がるボールを打ち続けないと真っ直ぐに飛ばせませんし、練習場では本人が知らず知らずのうちに、そういう変則ゴルフスイングの練習をさせられているワケです。

ゴルフスイングのメカニズムに詳しいゴルファーならおわかりになるでしょうが、そういうゴルフスイングをしているということは、もしもこのゴルファーが実在していた場合、この人の飛距離が出ていないであろうことは容易に想像がつくでしょう。

何かのきっかけでこのゴルファーがゴルフスイング改造に目覚めたとしましょう。その時に起こる現象。この人がこのゴルフクラブを使っている限り、本当のナイスショットをしてもボールが真っ直ぐ飛ばないことに、あなたはお気づきでしょうか?本当のナイスショットをすると、ボールが10°左に曲がってしまう。でも普通の考え方なら、そんな曲がったショットをナイスショットだったと思えないワケです。

現在フィッティングしたゴルフクラブをお使いの皆さん。あなたのゴルフクラブでは本来ナイスショットをした際、一体、何度どっちの方向に打ち出して、何度どっちの方向に曲がり、どの程度の打ち出し角度で、バックスピン量がどの程度のボールを打った時が最適なゴルフスイングだったと言えるのか?

ほとんどの方が答えられないはずです。つまりポスト・フィッティングした対象が、悪いゴルフスイングであればあるほど、そのゴルフクラブでは上達できない。本当のナイスショットがわからない。そのゴルフクラブで練習をすればするほど、特殊なゴルフスイングを刷り込むことになるのです。

では、ポスト・フィッティングの対極にある、私が推奨するフィッティング方法とは何か?次のページで明らかにしていきましょう。

電話で予約する ネットで予約する

《NEXT》→『アドバンスド・フィッティングとは

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME