ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイング解析機器>GC4(GCクアッド)とスイングカタリスト

最新おすすめクラブ!試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

ゴルフスイングとミスショットの原因

ゴルフクラブのリシャフト

リシャフトと知識

シャフトメーカー各社の努力で、高性能のシャフトがたくさん流通するようになり、ゴルフも変わってきました。

シャフトメーカーも一括で大量に売れるものの。ゴルフのクラブメーカー達の価格競争に巻き込まれて利幅が薄くなってしまう。大手クラブメーカーに卸すより、アフターマーケットとして独立したポジションを作って、買い叩かれない個人マーケットを取り込む為にあれこれと戦略を立てています。

最近では『リシャフト』という言葉も定着し、シャフトメーカーにとっては長年作り上げてきた下地が普及してきたとも言えます。そのゴルフ業界の流れに乗ってか、最近ではリシャフトすることを前提にクラブヘッドを選び、自分好みのシャフトを挿すというアマチュアも増えてきました。当店でも一部リシャフトをするので、すべてを否定はしませんが。この自分で組み合わせて使う行為は、一見賢そうに見えますが、ゴルフクラブ設計を経験して、現在の店舗にも様々な計測機器がある環境の私自身が、簡単に仕上がりのイメージが出来ないゴルフクラブを、どうやって普通のアマチュアの方が、このクラブヘッドとこのシャフトの組み合わせが良いと言えるのか。不思議でしょうがありません。

また、ゴルフクラブ量販店などでリシャフトを勧めるような接客をしている人、それを組み立てている人は一体どれだけの経験値を持っている人なのか。少しばかり不思議に感じる事があります。ここで言う経験値とは、作業を多くやったという数ではなく、自分が勧めた、あるいは組み立てたゴルフクラブの実打をどれだけやってデータを採取し、自分の経験値として蓄積しているのかという事です。

大変失礼ですが。私の周囲を見聞きする範囲では、クラブヘッド、シャフトの本当の知識がある人、打ってわかる腕のある人、蓄積のある人。打って、解って、説明できる人というのは、ほとんどいません。

そもそも、ゴルフスイングの事が理解で出来ていな限り、その人のゴルフスイングに合ったリシャフトなど出来ないのです。

そういう仕事に従事する、特に量販店の人などは仕事が忙しく、自分がゴルフをやる機会さえ中々無いのが現実なわけで。切って挿すだけというリシャフトの扱い量は多くても、経験値を高められる人は本当にごく一部だけだと思います。その一方で専門ショップの人は、イメージほど大量にゴルフクラブを扱っていない。つまり経験値がとても高くて、腕のある人というのは、なかなか存在しないのが現実なのです。

そういう意味では、リシャフトに求められる基礎情報は当店にすべてあります。

そんな私でも、普段から大量に使っていて、その特性について自分が打って良く知っているヘッドとシャフトの組み合わせの中で、私が先読み出来るゴルフクラブがありますので、そういった特別な条件のリシャフトはやりますが、それ以外はお断りしています。それだけゴルフクラブのリシャフトは難しいものなのです。

ちなみに、シャフトメーカーによって、EI値、あるいはEIパターンというものを公表している場合があります。

そのEI値のデータだけは、数字から読みとれるリアルなシャフト性能です。シャフトのどの位置がどれだけの力で、どれくらい曲がるかというもので。シャフトが持つ運動特性を知る上で、非常に参考になると思います。

《NEXT》→『目隠しして選ぶのに等しい

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

ネットで簡単に予約出来ます!

かんたんネット予約

『かんたんネット予約』は24時間受付!
お電話での予約は定休日以外の10時〜19時の間
電話番号:011-215-0896

ご来店・ご予約を迷われてる方へ

《動画時間》2分37秒