ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイング解析機器>GC4(GCクアッド)とスイングカタリスト

最新おすすめクラブ!試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

ゴルフスイングとミスショットの原因

ゴルフクラブのリシャフト

シャフト再利用の大問題

リシャフトの中でも、特に困るのはシャフトの再利用です。このシャフトの再利用は、様々な面で問題があって推奨はできません。

まず、良くあるパターンとしては、新しいゴルフクラブを買ったが、昔のゴルフクラブのシャフトフィーリングが良いので抜いて挿し替えたい。というオーダーです。これは再現性がとても低い行為だという事を、ゴルファーが理解していない事が多いのです。

シャフトは同じ物であっても、シャフトの長さと性能の関係は非常に敏感で、仕上がり0.5インチの差で、全く別のゴルフクラブになる程の違いがあります。

クラブヘッドとシャフトの結合部の構造は、モデルによって様々で、クラブヘッドの中にシャフトがたくさん埋まっている構造のクラブヘッドがあれば、少ない構造のクラブヘッドもあります。ゴルフクラブとしての仕上がりは同じ長さだったとしても、シャフトのどの部分を、どれだけ露出させて使うのかによって、人間が感じるシャフトのフィーリングは変わってきます。

また、先端に何グラムのクラブヘッドが付くのかでも、シャフトフィーリングは変化します。

先端により重い物が付けば、ゴルフスイング中にシャフトがしなりますので、フレックスが柔らかく感じることもあるでしょうし、先端部の重量差によって以前は釣り合っていたシャフトの運動が、今回のクラブヘッドでは暴れるようになったり、逆に動かなくなったりで、ゴルフスイング中の挙動や、しなり戻りの感覚が全く異なるものにもなります。

まずはそういう意味で、前が良かったから今度も良いだろう、という希望的観測が通用しないのがリシャフトと言う事を知っておいた方が得だと思います。

根本的にシャフトを再利用すると言うことは、基本的にはシャフトのチップカットが必要になってきます。そもそもシャフトの長さが変わってきます。つまり前と同じ性能を出すシャフトは、その時点で存在しなくなっているのです。

シャフトの再利用とチップカットについては、次のページで書かせていただきます。

《NEXT》→『カーボン熱処理の恐怖

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

ネットで簡単に予約出来ます!

かんたんネット予約

『かんたんネット予約』は24時間受付!
お電話での予約は定休日以外の10時〜19時の間
電話番号:011-215-0896

ご来店・ご予約を迷われてる方へ

《動画時間》2分37秒