ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイング解析機器>GC4(GCクアッド)とスイングカタリスト

最新おすすめクラブ!試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

ゴルフスイングとミスショットの原因

ゴルフボールのフィッティング

グリーンで止まるゴルフボール

グリーンに立っているピンを狙ってナイスショット!ナイスアプローチ!見事にゴルフボールはカップの近くに落ちたものの、そのままダラダラと転がってグリーンの奥へこぼれてしまう。グリーンの奥は下り傾斜でもないのに…。こんな経験はないでしょうか。

この様な結果を回避する方法はいくつかあります。

①ゴルフボールのファーストバウンドをもっと手前にコントロールして打つ
②ゴルフボールを高く上げて、止めたい場所の真上方向から落とす
③ゴルフボールにバックスピンを利かせて止める

などです。一長一短がありますし、レイアウト的に選択できない状況も考えられますが。アイアンという視点に立って理想的なゴルフボールを考えると、しっかり止まる程度のバックスピンが得られるボールが求められてきます。

ゴルフが上手な人は、グリーンの近くやグリーン上でのボールコントロールが上手です。一般的なアマチュアは、プロのようなボールが戻る程のバックスピンは必要ありません。それでも段々ゴルフを極めてくると、飛距離も大切だけれどグリーン上で止まる球である事の優先順位の方が高くなるゴルファーがたくさんいます。

特にウエッジなどは、ゴルフクラブの性能でバックスピンがかかりやすい、かかりにくいの差が大きいのですが。同じゴルフクラブで同じように打っても、ボールの種類でバックスピン量は大きく変わってきます。

ディスタンス系のゴルフボールは、バックスピンがかかりにくい傾向があります。

スピン系のゴルフボールは名前のとおり、スピンがかかりやすいボールという事になります。プロのようにグリーン上でバックスピンをかけて、ボールを戻してみたいと思ったら、強烈なバックスピンがかかるゴルフクラブと、スピン系のゴルフボールの組み合わせでラウンドすれば、それに近づける事でしょう。

《NEXT》→『飛んで止まるゴルフボール

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

ネットで簡単に予約出来ます!

かんたんネット予約

『かんたんネット予約』は24時間受付!
お電話での予約は定休日以外の10時〜19時の間
電話番号:011-215-0896

ご来店・ご予約を迷われてる方へ

《動画時間》2分37秒