ゴルフが安定しない理由
スイングを疑え
ゴルフ雑誌の情報通り練習しては駄目
現状のスイングから抜け出すには?
ゴルフ体操とスマッシュロジックを体験
YouTubeの色んなゴルフレッスン動画の見過ぎは注意!

ゴルフクラブ選び方の基本

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイング解析機器>GC4(GCクアッド)とスイングカタリスト

最新おすすめクラブ!試打できます!

マンガで見るゴルフスイング理論スマホ版

ゴルフクラブ選び方の基本

ドライバー選び方の基本

重心高さでドライバーの飛距離も変わる

ドライバーに限った話しではありませんが、クラブヘッドの重心位置というものは、球筋に大きく影響します。クラブヘッドの性能を表す数値の中で、重心位置に関係する項目は以下の4つです。

1.重心高さ
2.重心距離
3.重心深さ
4.重心角

この中で飛距離に最も関係が深いのは重心高さです。重心高さはバックスピン量に大きく影響します。重心位置より下の位置でボールを打てば、バックスピンは多くなり、エネルギーがボール上にあげる力に多く使われてしまい、吹け上がりという現象が起こり、飛距離が伸びずに損をします。

バックスピン量が適正な場合は、打ったボールが前に進みつつ、ボールもちょうどいい位置に浮かび続けてキャリーが稼げて、なおかつ、地面に落ちたボールも転がりやすく、飛距離が稼げます

逆に重心位置より上の位置でボールを打てば、バックスピンは少なくなり、もともとバックスピンが少ないゴルファーであれば、ボールが浮かずに、すぐに地面に着弾してしまい、適切なキャリーが得られず、結果として飛距離が得られなくなります。

重心最適な重心高さによって打ち出されたボールは、バックスピン量だけでなく、ボール初速・打ち出し角も最適になり、飛距離がもっとも効率的に稼げます。昔のドライバーヘッドは重心が高かったので、いろいろな面でシビアでしたが、反発規制後の現代型チタンヘッドは、どれも低重心化されていますので、この辺はほとんど気にしなくてもよくなりつつあります。

一般的にアマチュアゴルファーはバックスピンが多いものとして見られがちなのですが、SGAゴルフレッスンスタジオで様々なゴルファーのデータを計測してきた実績からすると、意外ともともとバックスピンが出ないゴルフスイングをしている人もたくさんいて、そういうゴルファーがロースピンのドライバーヘッドを選択して、打った結果に日々悩んでいる場合も見受けられます

ゴルフ雑誌の広告などにも、低重心低重心という言葉が、新しいモデルが出る度に躍っていますが、結局のところ、自分にとって一番バランスのいい数値になる、組み合わせのドライバーヘッドを選ぶ必要があります。前より低重心になったからと言って、それがあなたにとっていいドライバーなのかどうか、本当のところは私のような専門家に任せていただけるのが、一番間違いが少なく、一番不要な出費を抑えられると思います。

《NEXT》→『ドライバーの重心距離と方向性

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME

ネットで簡単に予約出来ます!

かんたんネット予約

『かんたんネット予約』は24時間受付!
お電話での予約は定休日以外の10時〜19時の間
電話番号:011-215-0896

ご来店・ご予約を迷われてる方へ

《動画時間》2分37秒