ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイングとミスショットの原因

アイアン シャンクの原因と改善

突然のアイアンでのシャンクや、高い頻度で起きるシャンクに悩まされているゴルファーはたくさんいると思います。

シャンクの原因はいくつか考えられますが。私の経験から、これから説明するイメージを実践ている方が多いとお考え下さい。

ゴルフスイング中には上半身の前傾角度を変えないでゴルフスイングした方が良い。ボールをよく見て打った方が良い。その様に考えている方が大半と思います。

この様に考えてゴルフスイングしている人が、シャンクのボールを頻繁に打つ事につながっている事を存知でしょうか?

人間は速くゴルフクラブを振るために、インパクトゾーンでは本能的に両腕を伸ばしたい本能はあります。しかしながら上半身の前傾角度が強く残ったままインパクトを迎えると、喉仏からボールまでの距離が非常に短い状態となり、クラブヘッドが行く場所を失い、ヘッドが体から離れて降りた時にヘッドのネックにボールが当たり、シャンクが起きます。

上半身の前傾角度が強く残ったまま、一生懸命シャンクしない為にひじを曲げゴルフスイングするとボールが右へ飛び出す事になります。この仕組みになってシャンクやプッシュアウトをに悩んでいるゴルファーがとても多いです。

短期間でこの動作を修正する事はなかなか難しい事ではありますが。当店のゴルフスイングレッスン《ゴルフ体操》を知って頂き、適切な練習をしていただければ、シャンクの頻度が減り始め、ある程度の期間でシャンクはなくなります。

まずは理にかなった正しいゴルフスイングの仕組みをゴルフスイングレッスン《ゴルフ体操》で知ることが大切です。ご来店いただくけるならおすすめゴルフ合宿とフィッティングおまかせCコースをご利用下さい。遠方にお住まいの方は有料コンテンツになりますがSGAネットカレッジをご利用下さい。シャンクは必ず治ります。

《NEXT》→『トップとダフリの原因と改善

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME