ゴルフスイングとミスショットの原因

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフスイングとミスショットの原因

グリップの握り方

グリップの握り方でお悩みの方が多いのではないでしょうか?

ゴルフの基本的な握り方はオーバーラッピングやインターロッキング、さらにテンフィンガーのベースボールグリップなどが一般的です。

オーバーラッピングやインターロッキングの握りは右手・右腕が使いにくくなる傾向があり,ボールが右に飛びやすい傾向があります。テンフィンガーのベースボールグリップは右手・右腕が使いやすくなる傾向があり,ボールが左に飛びやすい傾向があります。自分に合っているグリップの握り方を探す事になります。

基本的な握り方はゴルフスイングレッスン無料動画ゴルフレッスン動画アドレス編で説明していおりますのでご確認下さい。

どうしてもグリップの握り方がしっくりこない方もいらっしゃると思います。その時はご使用中のグリップの太さが、お客様の手の大きさ、指の長さ、甲の厚さにマッチしていないとお考え下さい。若い方&女性は指が長い人が多いと感じております。身長が高い人も一般的に指が長いと思います。指の長い人がお店で売っている一般的太さのグリップを持つと、しっかり手で握ることが出来ず、指で握る状態になっている方が多いと思います。

人間は指で握るとあまり大きな力が出ません。前腕にも力が入りにくくなり強くインパクトできません。やはりパームでしっかり握っていくことも必要と思います。

適切な状態は手のひらが広範囲でクリップと密着している状態です。現在、グリップには太さが色々と用意されております。極太グリップなどもあります。ピンではゴルフクラブを注文する時にグリップの太さを選定する事が出来、数種類の太さでグリップを選ぶ事が出来、ゴルフクラブを製作するメーカーもあります。

グリップの硬さも非常に大切です。柔らかいグリップはシャフトを柔らかく感じます。硬いグリップはシャフトを硬く感じます。現場お使いのゴルフクラブが固いと感じている方は、柔らかいグリップを装着してみる事をご推奨いたします。

たかがグリップ、されどグリップ。

《NEXT》→『ゴルフクラブとライ角

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME