初心者が選ぶべきゴルフクラブとスイング

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

初心者が選ぶべきゴルフクラブとスイング

ナイスショットを呼び込む思考方法

目の前に大きな池があったり、片側に縦長の池が続いていたり、池に対するプレッシャーは、ゴルフ初心者にとって相当なものです。

心の中の恐怖心は体の筋肉を堅くして、ゴルフスイングを早く、小さく、堅くします。こういう場合、ゴルフ初心者であればある程「池に入れないようにしよう」と考えるでしょう。

しかし、これは失敗する考え方です。「池に入れないようにしよう」という考え方は、それが実現する考え方で、池に入ります。

では、どの様な思考、考えがナイスショットを呼び込むのか。

「池を超えたあのバンカーに届くくらいまで打つ」と、肯定的に考えることが大切です。「○○しないようにする」ではなく、「○○をする」と、自分のやるべきことをイメージして、アドレスに入ったら、それをやり遂げることしか考えないことです。

「失敗したらどうしよう」とか「やっぱり池は嫌だなぁ」など、余計な事は考えない様になるには、かなりの時間がかかります。それが出来るか出来ないか、ゴルファーのメンタルが出るところです。

ゴルフ初心者の方とラウンドレッスンなどでご一緒していると、とてももったいないと思う時があります。

それは、たまたま目の覚めるようなナイスショットが出たり、たまたまグリーンに乗ったりしても、あまり喜ばないゴルファーがいることです。そういう方はナイスショットが出ても、良い所に当たらなかったとか、否定的なことを口にします。それが照れ隠しであっても、口にしたことは心に蓄積していくものです。素直にラッキーと喜んでいいのではないでしょうか。自分にフラストレーションを貯めない、自分を追い込むような考え方は排除すべきです。

また、狙ったショットがイメージどおり成功して、グリーンにパーオンしたことに満足しきってしまい、そこから先の集中力が切れて、4パットするようなケースをよく見かけます。

成功したことの充実感に浸ることはゴルフの醍醐味でもありますが。成功した時こそ改めて集中して、ナイスオンだけで終わらせず、ナイスオンとナイスパットを1セットでホールアウト出来る様に、自分をマネージメントしてみましょう。いくらゴルフ初心者であったとしても、狙える時は狙ってみましょう。

《NEXT》→『初心者のドライバーショット

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME