ゴルフクラブ選び方の基本

サイエンスゴルフアカデミー

サイエンスゴルフアカデミー

ゴルフクラブ選び方の基本

ゴルフパートナーになる中古クラブとは

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【1/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【1/5】

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【2/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【2/5】

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【3/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【3/5】

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【4/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【4/5】

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【5/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【5/5】

良いスコアでラウンド出来る様になる為にはやはり、ドライバーで遠く、安定して飛ばす事です。

アイアンを番手に見合う飛距離で打てて、かつ方向性良く飛ばす事を要求されます。その為には中古クラブ、新製品、関係なく、ゴルフパートナーになる必要があります。中古クラブであろうとも、しっかり自分のゴルフパートナーになるゴルフクラブを選定したいものです。

しかしながら色々な問題点が中古クラブを買う事にはありますので注意しましょう。

特にライ角度やロフトが極端に調整されている中古クラブは問題です。また有名メーカーのゴルフクラブには必ずと言って良いほど偽物コピー品があります。その様な偽物ゴルフクラブや、中古クラブでヘッドが綺麗でも使用期間が長すぎて、シャフトがくたびている中古クラブには十分注意する必要があります。

初心者だから中古ゴルフクラブで良いわけではありませんし、いち早くゴルフ、ゴルフスイングの上達を目指すのなら尚更、中古ゴルフクラブを短期間で買い換える行為に良い事は無いとお考えください。

このページゴルフパートナーになる中古クラブとはでは、上記で書いた中古クラブの様々な問題点を、より詳しくご説明させて頂いております。現在、中古クラブでラウンドされている方や、これから中古クラブの購入を考えている方は是非、ゴルフクラブ購入の際の参考にしてみて下さい。

ライ角・シャフト長調整済みの中古クラブ

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【1/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【1/5】

ラウンドする際にゴルフパートナーとなる14本のゴルフクラブ。特に中古のゴルフクラブの流通が盛んな今、改めて中古クラブが自分のゴルフパートナーとなり得るか?その問題点や注意点を検証していきたいと思います。まずはゴルフクラブのライ角とシャフト長の問題です。

SGAゴルフレッスンスタジオはご来店のお客様のゴルフスイングとゴルフクラブを拝見し、今お使いのゴルフクラブが適正化どうか?私独自の視点からアドバイスしています。もちろん、そのままお使い頂いて結構です。当店ではゴルフスイングの話しだけ聞いて、ゴルフクラブは買い替えないでいいですというお客様もいらっしゃいますが、問題のあるゴルフクラブを使われているお客様もお見受けします。中でも「自分はゴルフがうまくいっていない」というお客様で、中古ゴルフクラブをお使いのゴルファーの一部には、とんでもなく規格外のゴルフクラブを、本人は知らずに手にしてしまっているケースも少なくないのです。それはロフトでもフレックスとも違うので、非常に判りにくいものです。

巷でも「ライ角フィッティング」という言葉を聞くようになりました。身長や手の長さの比率などから一人ずつ適正なライ角は異なりますし、そして技量でも適正なライ角は若干異なるケースもあります。前オーナーがそういうことに敏感だったりすると、ライ角調整が施されている可能性があります。極端な例では、非常に問題があるゴルフスイングでボールが曲がるので、なんとかライ角を曲げられるだけ曲げて、無理矢理ゴルフクラブ側で補正出来ないものかと、とんでもないライ角に設定されているゴルフクラブもお見受けします。そういったゴルフクラブが中古市場に出回る際には、ライ角はそのまま流通します。曲げ直すにはお金が必要ですし、売る側も次のオーナーのことなど考えませんのでそのまま放出されるワケです。

人間は今持っているゴルフクラブを使って球を真っ直ぐ、遠くへ飛ばそうとします。

持っているゴルフクラブがそのゴルファーにとって適正なライ角になっていなければ、理にかなったゴルフスイングをしても、ボールは真っ直ぐに飛びません。変なゴルフスイングをした時に真っ直ぐ飛ぶことになります。そのままでは上達できないばかりか、ゴルフスイングを壊し、練習するほど悪い動きを浸透させることになります。それでは真面目な人ほど損をしてしまいます。安物買いの…とならないように見極めが必要です。

そしてシャフト長にも問題を発見することがあります。私もプロなので、ゴルフクラブをパッと見れば「あれっ?短いな」とか「長いかも」というのは気付きます。その場合はすぐにゴルフクラブのバランス数値を計測するのですが、シャフトの長さをいじっているゴルフクラブの中には、このバランスという設定がとんでもなくおかしい物があるのです。シャフトを切ったり、長い状態で組んだ理由は様々でしょうが、それに応じた処理がなされていないと、ウッド系とアイアン系の振り心地が全然異なっていて一貫性がなかったり、1本だけ極端に振り心地が違ったり、極端に振り方を変えないと真っ直ぐ飛ばなかったりと、様々な弊害が出ます。

ゴルフクラブがご自分で組み立てられるくらい、十分な知識があれば中古クラブという選択も十分にあると思います。ゴルフクラブを構えてライ角やシャフト長の違和感を感じ取れるゴルファー、素振りをしてバランスに違和感を感じ取れるゴルファーも大丈夫でしょう。それがよくわからないゴルファーは、そういったリスクを含んだ上で価格設定されていると思うべきでしょう。

一般的には「どうせ下手なんだから、そんな誤差はゴルフスイングの悪さに消されてしまう」という考え方に陥りがちですが、ゴルフはそんなに甘いものではありません。合わないゴルフクラブを持ったら、持ったなりのゴルフが身に付きます。滝汗!

ニセ物・コピーゴルフクラブの実態

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【2/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【2/5】

インターネットを利用してゴルフクラブの売買される際に、注意しなければいけないのは”ニセ物・コピーゴルフクラブ”です。流石に、偽物・コピーゴルフクラブはゴルフパートナーにはしたくないですよね?中古ゴルフクラブも含めて、ニセ物・スーパーコピーには気をつけて下さい。

その昔はアディダスのニセ物でアディバスとか、プーマがピューマだったり、なんちゃってコピー品があったりしましたが、高級ブランド品と同じく、現在ではゴルフクラブにもスーパーコピーが存在しています。パッと見ただけではわからない、そんな偽物のゴルフクラブが少なからず流通しています。模造品とわかっていてシャレで買うのとは違い、詐欺に遭うというケースが増えているのです。

ヘッドの生産拠点が中国などの海外に流出したことで、本物の金型の管理が行き届かず裏で流通したり、二次受け三次受けと下請けに複雑に仕事が流れていく過程で、本物を作っているどこかの工場が、何らかの形でニセモノ作りに関与していることも考えられます。いずれにしても一般消費者としては迷惑な話しで、極力避けて通りたいことですが、当店にご来店のお客様が持ち込んだゴルフクラブがニセモノだったケースもあり(ネットで購入されたそうです)、一応注意だけはしておいて損はないと思います。

さすがに中古ショップでは、そういった真贋鑑定に関するノウハウがあるはずなので、偽物を売っていることはないでしょうが、やはりネットでの取引は危険だと言えるでしょう。相場より極端に低い価格設定ではなく、相場より少しだけ安い商品というのが危険ゾーンのようです。「よしっ、俺はうまくやった!」…と思いきや、届いた商品を見るよく見ると微妙にロゴが滲んでいたり、金属のスモークの仕上げがなんかちょっと違ったり。怪しいと思って近くのショップやメーカーに持っていくと「偽物ですね」と。当店に来た偽物も、オーナー様は「これって偽物ですよね…」という感じで持ち込まれていました。ネットの写真は本物の写真ですので、これは防ぎようがないです。ご注意下さい。さすがに偽物は、自分のゴルフパートナーとして共に歩み続けたくはないですよね。

「相場よりちょい安が注意」覚えておいてくださいね。

クラブヘッドが綺麗でも信用できない

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【3/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【3/5】

SGAゴルフレッスンスタジオにご来店のお客様のドライバーを拝見して、不思議に思ったことが何度かあり(同じことをしている方が複数いらっしゃいました)、お客様に直接質問させて頂きました。「そのシールは何ですか?」と。ドライバーヘッドのフェース面以外をシールでマスクして使われてるのです。理由を聞くと「中古屋に売るときに、この方が断然高く売れるから」とのこと。なるほど!と感心しました。

ゴルフクラブにはクルマの走行距離のようなカウンターはありませんので、外観で使用頻度を判断せざるおえません。買い取り価格も商品の外観が程度としてジャッジされますので、このお客様の行動も理にかなっています。そのゴルフクラブが中古ゴルフショップに並んでいたら「程度AAA」とか「5段階の5」とかになるのでしょう。ネットオークションで写真を見ればアングルによっては、新品のゴルフクラブに見えるかもしれません。出品コメントに新品同様だの、使用頻度が少ないなどと書かれれば信じるでしょう。当然そのゴルフクラブが手元に届けば「本当に綺麗だ」と喜ぶのかもしれませんが、落札した価格が新品より安いのは当然として、それでも経年や使用頻度に対して割高だったとすると本当にお買い得だったのか?ちょっと疑問が残る部分もあります。

外観が綺麗ならある程度使い込まれたゴルフクラブでも値段が高くていいんだ、使用頻度ではなく、外観こそが中古ゴルフクラブの重要なファクトだという考え方、価値観であればそれでいいのですが、私にはちょっと違和感があったもので書かせていただきました。明確な物証がない限り、ゴルフクラブから逆算できない面があるので、本当に価格なりの価値があったのか?これはご自身で判断する以外ありませんね。所詮、後からわかることでもないでしょうから(?)知らぬが仏ってやつですかね(笑)

ゴルフ初心者に中古ゴルフクラブ?

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【4/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【4/5】

ゴルフ初心者だから、最初のゴルフパートナーに選ぶのは中古ゴルフクラブでいいのか?ゴルフ初心者とゴルフクラブの関係について、少しだけお話しします。

さすがに「これからゴルフを始めようかな?」という程度の動機であれば、新品のゴルフクラブをフィッティングする必要などないでしょう。お付き合いで2~3度遊んでみて、もっとやってみたいと思えるようだったら、その時に検討すればいいことです。一方で転勤や出世など、ビジネスの中で「ゴルフを継続的にしなければならない状況に追い込まれた」という話しであれば、一気に自分のゴルフクラブをフィッティングするのがいいでしょう。周りの人に迷惑をかけずにラウンドできる日が、一気に近づく可能性があります。

ゴルフは最初に覚えたゴルフスイングに、長きに渡り縛られる傾向が強くあります。つまり最初が肝心なのです。このホームページサイエンスゴルフアカデミー:ゴルフスイングとゴルフクラブの選び方を読み込めばご理解いただけるとおり、ゴルフスイングは持っているゴルフクラブが作ってしまうという現実があります。ゴルファーはゴルフクラブに「打たされている」のです。ハンドルとサドルが真っ直ぐで、自分の体格にあった高さ、長さに全て設定され、体力に応じたギア比の自転車で練習すればするほど、自転車競技能力は向上するでしょう。しかし、ハンドルとサドルが極端に曲がり、自分の体格に不適合な設定、体力に見合わない自転車でいくら練習をしても、心肺能力こそ向上しても、自転車競技能力はさほど向上しないでしょう。

限られた時間で、最大限ゴルフを上達させたいのであれば、なるべく早い時期に当店のような考え方でフィッティングを受けて、ご自分のゴルフクラブを持つべきです。「いずれ上手になったら」では遅いのです。確かに中古のゴルフクラブでも、いつか100が切れる日が来るかもしれません。でもその時に染みついているゴルフスイングは、それ以降なかなか直らないかもしれません。さらに80台に向けてステップアップしようとしても、なかなか前進出来ない状況に追い込まれてしまうかもしれません。「本当に最初が肝心だったんだ」と実感できる時にはちょっと遅いかもしれません。それまでに使った時間とお金、そしてその時点から使う時間とお金を考えるとどの時点で腹をくくるべきか、答えは明白です。

中古ゴルフクラブと決別する日

《動画》ゴルフパートナーになる中古クラブとは【5/5】

「ゴルフパートナーになる中古クラブとは」と題して、サイエンスゴルフアカデミー主宰­、北市秀男が、ゴルフパートナーになる中古クラブ選びのポイントを解説【5/5】

中古ゴルフクラブと決別して、新しいゴルフパートナーと新しいゴルフライフを考えてみましょう。

この項で言いたいことは、前項のゴルフ初心者に中古ゴルフクラブ?と被りますが、ゴルフがもっと上手くなりたいと思ったら、一度は中古で買ったゴルフクラブとは決別して、自分の体格、体力、技術力に見合うゴルフクラブのフィッティングを受けましょう。フィッティングと言っても今のゴルフスイングに問題があるのであれば、悪いゴルフスイングに合わせてゴルフクラブを組んではいけません。それは、最悪の結果に陥る可能性が高いです。この件に関しては、ぜひゴルフスイングとフィッティングを全部読んでいただきたいです。

もう過去を振り返ってもどうにもならないワケですから、ご自身が今どの段階にあっても、現時点を起点として未来を見る限り、遅すぎるということはありません。ゴルフはよく人生に例えられますが、やはり同じことのように思えます。

そして、自分のゴルフスイングを変えずに「自分に合うゴルフクラブはないか」と探し続ける人は、一生自分に合うゴルフクラブには出会えないでしょう。そんな物はこの世に無いと思います。自分に合う仕事はないかと、職さまようような状況に思えてなりません。ゴルフにおける解決策は、理にかなったゴルフクラブを持ち、理にかなったゴルフスイングでゴルフクラブを振ることです。2つの理に整合性があれば結果は出ます。理にかなったゴルフクラブに、理にかなった振り方で自分を合わせ込んでいくのです。仕事を決めて自分から歩み寄るかのごとく、ゴルフクラブを決めて(理にかなっていることが前提)自分がゴルフクラブに歩み寄るのです。この考え方に納得して頂いているからこそ、SGAゴルフレッスンのお客さま例の様に短期間で非常に大きな成果を出される方も多いのです。

理にかなった振り方とは、私独自のゴルフスイング理論ゴルフスイングレッスン《ゴルフ体操》ドライバーレッスン《スマッシュロジック》です。おすすめゴルフ合宿とフィッティングなどのメニューで、全国各地からわざわざ札幌までお客様がいらっしゃっています。「もっと早く来ればよかった」多くのお客様が帰り際にそうおっしゃります。

ゴルフに対して今までとは違うアプローチを一度してみませんか?今までと同じことをしていても大きな成果は得られません。私と共に取り組んでみて下さい。一度ご検討下さい。

《NEXT》→『ドライバー選び方の基本

← ひとつ前に戻る


↑ PAGE TOP


HOME